ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。太子参

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

19.補気薬

 70紫金山の太子の墓(太子参)

太子参

Pseudostellaria heterophylla (Miq.) Pax. et Hoffm

中國の民国で当時 有名な医術家であった李時珍は、

医学の研究に一層邁進して、遂に、‘本草綱目’という医学書を

編纂するまでに至った。

本草綱目は薬草を紹介する書籍で 薬草の成分 効能等を

詳細に記述して 医学を勉強する人達に多いに貢献した。

ある日、

彼は原稿を持って夜昼なく歩き続けて南京に着き

印刷に携わっている友人の助けで出版しようとしていた。

南京に向かう途中、彼はある小さな宿屋に泊ったが、

夜中に婦女子の苦しい呻き声を聞いた。

彼はその呻き声を聞いただけで、直ぐどんな病気かが分かった。

“もしもし、旦那さん!隣の部屋の婦女子の呻き声が聞こえるのですが

誰か病気ですか?”

李時珍は宿屋の主人を呼んで聞いてみた。

“病人は私の妻です。”

“病気なら、何故 医者を呼ばないんですか?”

“お宅にはよく分からないでしょうが、私はこの宿屋を営んでいるのですが、

家族が七人も居るので家族を食べさせていく事も容易ではないのです。

それで医者を呼ぶ事もできないのです。”

李時珍は同情心が起きた。

“私が貴方の奥さんを診て上げましょう。”

宿屋の主人は母屋に寝ている患者の所に案内した。

李時珍が脈をとって見ると細脈であった。

“近頃、奥さんは食事の量は如何ですか? 

よく食べますか?”

“幾日もの間、米が無いのでご飯は食べず、薯(いも)だけ食べています。

今日は無くなり、子供達が野原で採って来た荽(すい)で腹を満たしました。”

“野原で採って来た荽(すい)の根を持って来なさい。”

主人が荽(すい)の根を持って来ると、

李時珍はそれを口に入れて味わってみて、

“これは薬草です。貴方の奥さんの病気を治せます。

この薬草は何処で採ったのですか?”

“紫金山で掘って来たのです。”

李時珍はテーブルの上に銀貨を取り出して置きながら話した。

“明日の朝、お米を用意して食事を取らせ、

この薬草を煮炊いて奥さんに食べさせなさい。”

“有難うございます。”

主人は感激して膝を折り頭を下げた。

翌日、婦人は薬草を煮炊いて食べ 病気が治り回復した。

“その薬草がある所に私を案内して下さい。”

“勿論です。”

宿屋の主人は李時珍を案内して紫金山に登った。

そこには民国の朱元璋の息子である太子の墓が有ったが、

墓の周辺は青い芝がまるでカーペットのようで、

すっかりその薬草で埋め尽くされていた。

李時珍はあたかも貴い宝物を得た気持ちで、

その薬草を籠一杯堀り取って来た。

李時珍はこの薬草を本草綱目の中に書き入れようとしたが、

この薬草の効力が卓越していると言う事が世の中に知られれば、

人々は争って太子墓地に行って薬草を採るようになり、

そうなれば王法に触れる事になるので

李時珍は これを本草綱目に書き入れなかった。

当時の法令では、太子墓に一般の人が入る事は禁じられていたので、

人々が薬草を得ようとそこに入って災いを被(こうむ)る事を恐れたのである。

この薬草の名前は、

民国の朱元璋の太子の墓で育ったので‘太子参’と名付けた。

太子参は、気を補い、津液を作り出し、肺臓と脾臓を補い、

咳嗽に良く、元気を補い、心臓がドキドキ高鳴る動悸と、

汗を流す自分汗(冷や汗)に効果があり、

精神疲労と脾臓の衰弱で食欲が無い時にも効力がある。

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.