ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。續断

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

20. 補陽薬

76.還魂丹(續断)

Phlomis umbrosa Turcz.

昔、ある村落に一人の医者が居た

彼は山で薬草を掘り取って

この村 あの村を歩き巡りながら人々の病気を治療し

また薬草も売っていた。

ある日 彼は薬草を売り尽くして家に帰る途中

隣村を通り過ぎる時、 一人の若者が死んだとの話を聞いた。

医者がその家に行ってみると、その家の家族達が死んだ若者を抱きしめて

 慟哭(どうこく 声を上げて激しく嘆き泣く事)していた。

“私は医者です。ちょっと診察してみましょう。”

医者が死者の気色を見ると、本当に死んだとは思われなかった。

指先で用心深く診たが、脈が微かに動くのを感じ取った。

医者は悲しく痛哭(つうこく 酷く嘆き悲しむ事)している老人に聞いた。

“貴方はこの人とどういう関係ですか?”

“私の息子です。”  “どうして死んだのですか?”

“突然に酷い高熱で苦しみましたが、治らずとうとう死んでしまったのです。”

“いつ、死んだのですか?”

“およそ二時間位前に死にました。”

“心配しないで下さい。生き返らせる事ができますから。”

“えっ!すでに死んでいるのに、どうして生き返るとおっしゃるのですか?”

医者は瓢箪瓶(ひょうたんびん)の中から丸薬二粒取り出して、

若者の口を開けて押入れ 水を注ぎ込んで飲み下すようにした。

暫くして、本当に若者は息をし始めた。

“二日後には回復するでしょう。”

老人は医者の前にひれ伏して三度お辞儀をした。

“お医者様は天から降りて来て、息子の命を救って下さいました。

死んだ私の息子を生き返らせたその薬は何という薬ですか?”

“還魂丹という薬です。”

死んだ人を生き返らせたという噂は、たちまちのうちに村中に広がった。

患者が列をなして訪ねて来るので、医者は村から離れる事が出来なかった。

その村には薬材商を営んでいる欲深い私利私欲の人がいた。

その薬材商の主人が 還魂丹の噂を聞いた。

薬材商はその話を耳にした瞬間、

どんな手段を講じてもその還魂丹を自分の手に入れようと決心した。

その薬さえ手に入れば、多くの金を儲ける事が出来ると思ったからだ。

ある日、欲深い薬材商の主人は多くのご馳走を用意して医者を招待した。

“何事で私をお呼びなさいましたか?”

“お医者さん!お酒でも一杯飲みながら、ゆっくり話しましょう。”

“私は訳も無く、このような歓待を受ける事はできません。”

薬材商は医者が真顔になって この様に言うのを聞いて、

自分の考えをありのまま話した。

“貴方が作った還魂丹の噂は 私も聞きました。

私と共同で その薬を作って売れば多くの金を儲ける事ができます。

私のこの提案を貴方はどう思いますか?”

“そういう訳にはいきません。

これは人命を救う先祖代々から伝わって来た秘法であります。

金が欲しくて其の為にこの薬を使うのはいけません。”

“それなら私にその薬を作る方法を教えて下さい。

お金はいくらでも差し上げます。”

医者は首を左右に振るだけで何も答えなかった。

薬材商の主人は自分の望みが叶えられなくなると、

たちまち顔色を変えて、卓子(テーブル)を

叩きながら大声で怒鳴るのであった。

“何?お前が俺に逆らうと!

もし、俺に薬の作り方を教えてくれなければ、

お前の足を折り曲げてしまうぞ!”

しかし、医者は嘲(あざけ)り笑うだけだった。

“貴方は 私が貴方の思い通りになると思うのですか?

私の薬は、ただ病人を救う事だけに使われるのだ。”

医者は断固、言い切った。

薬材商の主人が掌(てのひら)を叩いて合図をすると、

彼の下僕達が寄ってたかって 

棍棒を叩き、殆んど息が出来ない程殴った。

医者は体中血まみれになったまま家の外に放り出された。

彼はやっとの思いで痛い身を引きずって山に這い上がり、

薬草を掘って食べながら、約一カ月程養生してようやく体が回復した。

“俺は今度こそ、あいつの足を折り曲げてやる。”

と決めた薬材商は、医者がまたもや薬を売り歩き、

治療をすると聞いて下僕達に命令した。

“そいつの足を折り曲げてしまえ。”

下僕達は 今度は前より 更に酷く殴りつけて、

山犬の餌にでもなれと山の谷間に運び捨てた。

今度は 骨が折れて身を動かす事が出来なかった医者は、

ただ横たわって痛みを堪える他にどうする事も出来なかった。

その時、薪を取りに山に来た一人の若者が折良く、

谷間に人が倒れているのを見つけて、急いで谷間に走り降りて来た。

若者がよく見ると、何と自分の命を救ってくれたその医者ではないか?

医者は満身創痍(まんしんそうい 全身傷だらけ)の体になって、

ものも言えず ただ呻き声を出すばかりだった。

“お医者様、一体どうしてこんな事になったのですか?”

若者が聞いたが、医者は気力が衰えて答える事も出来なかった。

若者は医者を連れて安静に寝かす場所を探そうとして山麓に行った

ところがその一帯は多くの野草が生えており、

野草は紫色の花と羽に似た葉が有った。

“そうだ。このような野生草で傷ついたところを治療すると言ったのだ。”

若者は前に医者から教わった事を思い出して、

その野生草を沢山もぎ取り、医者を自分の背中に背負って家に帰った。

若者は野生草を 煮炊いて医者に服用させた。

約二か月後、医者の折れた足骨や傷はだんだん癒え始めた。

ある日、

医者は若者に次のように言った。

“私は此処に長く留まる事が出来ないから、

此れからは君が骨を治療する薬草の効果を村人達に知らせてあげなさい。”

二人が話を言い交わしている時、薬材商の主人が下僕達を従えて現れた。

彼は医者を見ると凶悪な顔になり下僕達に医者を殺す様に命令した。

医者はとうとう殴り殺された。

若者は医者の仕事を受け継いで、

骨を接骨する薬草の効力を伝えた。

それからこの薬草の名を續断と名付けた。

續断と言うのは、骨が折れたのをくっつけるという意味である。

しかしながら惜しい事に、還魂丹は医者の死によって伝授されなかった。

續断は、肝臓と腎臓を補って、筋肉と骨を強くさせる。

背中腰の冷え性、痛症、足と膝が無力な時、

婦女子の子宮出血、男子の遺精にも使われ、打撲傷や痔瘻にも効力がある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.