ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。莵絲子

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 20.補陽薬

78.宇佐薇の腰骨を折った理由(莵絲子 トシシ)

      莵絲子Cuscuta japonica Choisy

 

昔、ある村落に、兎がとても好きな金持ちの老人がいた。

彼は黒色の兎、白色、灰色等色々な

兎を飼うのを楽しみに暮らしていた。

彼は専ら兎の世話をする下僕を雇い、

心血を注いで兎の世話をするように厳しく命じた。

“もし 一匹でも兎がいなくなったら、

お前の賃金から四分の一を値切って支払うから、

そのつもりで特別に気をつけろ。”

ところがある日、下僕は誤って 大きな棒切れを兎の

檻(おり)の上から落としてしまったので、

一匹の白い兎の腰骨が折れてしまった。

“大変だ!どうすれば良いのだろう?”

下僕は血の気が引いて青くなった。

彼はいち早く兎を豆畑に隠した。

しかし、主人は注意深い人だったので、

三日後には兎の数が減っているのを気付いた。

下僕は仕方なく豆畑に行って兎を探した。

“おや!兎が死なないで前より もっと生き生きしてるな!”

兎はぴょんぴょんと豆畑を飛び回っていた。

下僕は本当におかしな事だと思いながら、

兎を捕らえて檻の中に入れて危機を免れた。

“ああ、良かった!ひょっとしたら

大変な事になっていたかも知れない。”

彼は胸をなでおろし乍らも、

一方、好奇心が起きた。

“本当に不思議な事だ。

死なずに 更に生き生きしていたとは!”

下僕は試しに 

今度は灰色の兎にわざと棒を打ちおろして腰骨を折り

豆畑に放り出した。

三日後、豆畑に行ってみたが、

やっぱり兎は生き生きと畑を走り回っていた。

“ふうむ!不思議な事だ。”

彼は家に帰って兎の事を父親に話した。

彼の父は 数年前に雇い主に酷く殴られ、

それ以来、腰を動かせなくなり、床に寝たままだった。

息子の話しに耳をそば立てて聞いていた父は、

“エッ!それは本当かね?

兎が何か良い薬草を摘み取って食べたらしい。

恐らくその薬草が骨折に良い効果をもたらしたんだろう。”

父親は息子に兎が食べた薬草を調べる事を言いつけた。

息子は前の通りに兎の腰骨を折って豆畑に放ち、

物陰に隠れて兎の行動を注視した。

初めのうち兎は動かなかったが、

暫くして、兎は首を動かして

畑に生えている雑草の実をとり食べ始めた。

3~4日後には段々活気づいて動き、

等々完全に回復した。

下僕は雑草の実をもぎ取って父に診せ乍ら、

“正しく、この果実が 兎が食べた果実です。”と話した

“うーん!これが豆畑の雑草の実だな。

これを兎が食べて腰が治ったと言う事か?

それなら人間が食べても同じ効果が有るに違いない。

早く畑に行ってその実を 沢山採って来て食べてみよう。”

父親は 雑草の実を煮炊いて服用すると、

数日後には床から起き上がって座れるようになった。

また、 

数日後には床から降りて歩けるようになり、

約三カ月後には 

ますます回復して畑の仕事も出来るようになった。

“もう完全に治った。”と喜んだ。

その後、

息子は主人の家の仕事はやめて、

雑草の実を採って丸薬を作り、腰を痛めた人達に分けてあげた。

間もなく、噂が段々広まり、

腰を痛めて苦しむ多くの人達が薬を求めて彼の家を訪ねて来た。

人々は腰の痛みが治るにつれて 

その薬草の名前を知りたがった。

しかし、

それまで その薬草の名前が無かったので、

色々と考えたが、兎の腰を治したと言う事で兎の字と、

その雑草が糸の様に絡み合っていたので糸の字と、

果実であるので子の字を使い、莵絲子と呼ぶ事にした。

雑草の茎がまるで葛根の茎の様に

お互いに絡み合っていた。

その後、人々は莵絲子の兎の上に草の艹を

付けて莵絲子と呼ぶ様になった。

莵絲子は、補陽の役割をし、腰や膝が痛むとき、

陽萎症(勃起障害)、頻尿、帯下(おりもの)の

過多等々に効果がある。

肝臓を丈夫にし、また目が見える様 視力を強化する。

脾臓が弱くて下痢をする場合にの効果がある。

「雷公包炙論」には人間の英気を補い、

筋肉と脈を助けると記述している。

英気は飲食物の摂取によって得られる気の事で、

英気は迅速に運行し、活動力が強く、

脈外に遊走して全身全てに及ぶ。

また、筋肉組織を温め、皮膚を潤し、

汗腺の開閉を調節する機能を持ち、

その上、

皮膚を保護し、外部より侵入する邪気を防衛する機能もある。

「日華子本草」には五労七傷を補い、

精液が流れ出るとか、尿に血が混じって出るのを治療し、

心臓と肺臓を潤わせると記述されている。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.