ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。龍眼肉

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

21.補血薬

87 .龍に生まれ変わった少年(龍眼肉)

龍眼肉は龍眼樹の果実の事で、

別名を桂圓(けいえん)とも言う。

昔、浦田懸の興化湾に一匹の蛟龍(こうりゅう)

が棲(す)んでいた。

蛟龍は古代伝説上の動物で、洪水を起こす龍と言われている。

その龍は雄で あたかも牽牛と織女(しょくじょ)の

伝説のように 毎年冬に一度天上に登って

雌龍と会うのであった。

しかし、

天上に登る時、いつも騒動を起こし、

海を荒らして氾濫させ、

興化湾付近の数多い肥沃な土地を浸水させて、

無垢な多くの百姓達に被害を与えた。

百姓達は この様な蛟龍を怨(うら)んで、

興化湾の領主に願い出た。

“何卒(なにとぞ)蛟龍を殺して

百姓が被害を受けない様にして下さい。”

しかし、領主も良い方法が無かったので、

道士達に要請して符籍(ふせき)を作り、

呪文(じゅもん)を唱えて

蛟龍が天上に登るのを止める様にしたが、

呪文も効かず失敗に終わった。

そこで新しく祠堂(しどう)を建てた。

朝夕に香を焚き、

初日と15日には豚と羊を祭物(さいぶつ)として

捧げて祭りを行ったが、

蛟龍の被害から逃れる事は出来なかった。

ある年、

蛟龍が数十か所の村落と土地と家畜、

人命に被害を与えた。

その時、

外叔父(そとおじ 母方の叔父)の家に寝泊まりする、

9歳になるある少年がいた。

その少年の名前は桂圓(けいえん)といい、

才能と英特な頭の持ち主だった。

桂圓は村の他の人達と同じ様に、

蛟龍のせいで父母兄弟を失い、家屋と田畑を失った。

彼は 心の中に怨恨(えんこん)を

萌(きざ)し、蛟龍を殺して

父母の恨みを晴らすのが一生の念願であった。

桂圓は外叔父の家に起居(ききょ)しながら

牛を育て 薪を取って外叔父の家事を助けていたが、

彼の心中は復讐の一念に満ちていた。

竹の剣を使って武術を錬磨(れんま)し続けていたのである。

ある日、

桂圓はいつものように牛の背に乗って山に登った。

途中で突然、牛が足を止めて “もーぅと叫び声をあげた。

そこで桂圓は牛の背中から降りて調べて見ると、

牛の蹄(ひづめ)の下に一匹の蛇が踏みにじられていた。”

蛇は桂圓に向かって自分を救ってくれと願うように、

頭を上下に動かしていた。

桂圓は牛の足を取り除けてやったが、蛇は逃げなかった。

彼は不審(ふしん)に思い、良く調べてみると、

蛇の尻尾(しっぽ)の部分が

牛の蹄に踏まれて傷ついて動けなかつたのである。

桂圓は着物の裾(すそ)を切り裂いて傷の手当てをしてやり、

回復するのを待って草むらに放(はな)してやった。

それから数カ月が経ち、

桂圓は其の事はすっかり忘れ、

ひたすら蛟龍を討ち殺す事だけに専念した。

また その後、ある日、

彼は山の中で枯木の草むらから

“ちゅう ちゅう”と鳥が鳴き続ける声を聞いた。

良く調べて見ると、小さい鷹(たか)が

枯木の枝に引っかかっていた。

鷹は動かずに鳴き声だけを出し良く見ると足が折れていた。

桂圓は今度も着物を裂いて折れた足に巻いてやり、

傷が治る迄世話をして放してやった。

数カ月経つうちにその事を忘れていた彼は、

ただ、どの様にして蛟龍を殺して

父母兄弟の敵討(かたきう)ちを成し遂げるかを思い、

武術錬磨に専念した。

 

次第に力が溢れ、片手で300斤(180㎏)の剣をあた

かも踊るように振り回すに至った剣を

振る時は、冷たい閃光(せんこう)が閃く(ひらめ)くようだった。

やがて 蛟龍が天上に登る日になった。

桂圓は寶剣(宝剣)を携えて海辺に走り行き、

蛟龍が天上に登るのを待ち構えていた。

するとついに、蛟龍が“びゅうびゅう”

音を出しながら天上に登り始めた。

その時、長さ2丈(6.666メートル)に

余(あま)る大蛇が現れ、蛟龍に襲いかかった。

海には波が高く立ち血で彩られた。

ついに大蛇は蛟龍に負けて殺された。

大蛇が死んで間もなくして、

空から大きな鷹が舞い降りて来て蛟龍を襲った。

空からは血滴(血の雫 しずく)があたかも雨が降るように降り落ちた。

しかし、

遂に鷹も蛟龍によって殺されて地に落ちてしまった。

勇敢(ゆうかん)な鷹と蛇は

桂圓に助けられた鷹と蛇であり、

桂圓の恩恵に報いようと蛟龍と戦ったのであった。

蛟龍も鷹と蛇の攻撃で重傷を負い、地面に落ちた。

その瞬間に 桂圓が蛟龍を襲い、

剣で蛟龍を刺殺した。

蛟龍を殺した桂圓は二つの眼を

抉(えぐ)り取り村に持ち帰った。

蛟龍が殺された事を知った人々は、

今迄 多くの被害を受けていたので、

銅鑼(どら)を叩き、太鼓を鳴らし、

笛を吹きながら、桂圓を迎える為に集まった。

その時、

地方の領主が桂圓に手に龍の目玉を

持っているのを見て大声で叫んだ。

“龍の目を食べると神仙になるそうだ。その宝物を献上せよ。”

桂圓は領主の言葉を聞いて領主にあげるつもりでいたが、

領主がいち早く目玉1個を強制的にひったくった。

桂圓はその瞬間ある思いが閃(ひらめ)き、

もう一つの目玉一個を口に入れた。

龍の目を飲み込んだ瞬間、

黒雲が空を覆(おお)い、桂圓の体を

眩(まばゆ)い鱗が覆い、

金色の龍に変身して空に浮かび上がり、

雲に隠れてしまった。

地上でこの光景を見ていた領主は驚き、

龍の眼を握っていた手が震えて

龍の目玉を落としてしまったのだが、

その眼はすぐに消え失せた。

翌年、

龍の眼が落ちた場所に一株の木が育ち始めた。

やがて花が木にぎっしりと咲き、

夏には果実が実り、

水晶のような果実の赤黒い肉質があたかも龍の眼に似ていた。

そこで人々は、

この木を龍眼樹と呼び、

果実の肉質を龍眼肉と呼んだ。

また 百姓達のために勇敢に戦った桂圓を記念し

龍眼樹の果実を 太陽に乾かして

乾燥させた果実を桂圓と呼ぶ事にした。

龍眼肉は葡萄糖が26.91%、

酒石酸(Tartaric Acid)1.26%、

ビタミンB1、B2、P、Cが含まれている。

龍眼肉は心脾両虚による

驚悸(きょうき 一時的な軽症なもの)

怔忡(せいちゅう 外因が明らかでなく持続する動悸、

体を動かしていると強まる重症なもの)、

不眠症、健忘症、補気、養血、

精神安定作用をする帰脾湯に使い、

気血不足にも使い、

長い間の病患で虚弱した人や老人によい補血薬である。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.