ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。浮小麦

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

23.收澁薬

94.粃(しいな)の小麦と

甘麦大棗湯(浮小麦)

宋国の太平興国三年(西紀978年)、

 

当時有名な医者、王懷隱は、

王祜、鄭奇、陳昭と共に古方 (昔の処方)を研究し、

合作で「太平聖惠方」という処方集を編集し、

さらに京都で多くの人を治療して病から解放させた。

長い間 

降っていた雨も止み、晴れたある日、

王懷隱は 後庭で漢薬剤を乾かす作業を眺めていた。

良く見ていると、

乾かす小麦が中味のない殻だけだったので、

薬材を乾かす下僕に聞いた。

“この小麦は何処から持って来たのか?”

 “これは城南の張大戶”が持って来た物です。”

その時、薬の調剤室の方からにわかに

 騒々しい声がしたので、急いで 入って見ると、

何人かの男が一人の中年婦人を連れて入ってくるのが見えた。

すると 患者の家族の一人が、

医者に向かって差し迫った声で訴えた。

“この人はこの頃 訳も無く 怒ったり、

一度 泣き始めたら何時までも泣き続け、

自ら節制が出来ないのです。

 最近には精神までぼんやりして、

夜は不安におののき 或いは1日中喜んだり怒り通したり、

時には突拍子も無い事を話したりするのです。”

“そういう症状はいつから始まったのですか?

“約半月前からです。”

王懷隱は診脈をしてから口にした。

“この病気は臓燥症です。”

彼は筆を取り上げて書き下した。

甘草   3銭

小麦   1兩

大棗   3銭

この処方は張仲景の「金匱要略」に書かれた処方で、

‘甘麦大棗湯’というこの処方は、

婦人の更年期に現れる精神疾患に

適用する処方である。

婦人はおもむろに口に出した。

“また、夜になると汗を余りかくので、

着物がすっかり濡れるのです。”

“まずは臓燥症から治療して、

その他の症状はその次にしましょう。”

三日後の後、婦人は家族と一緒に再び来院した。

“先生は本当に名医でございます。

薬を食べるや否や、病気が治りました。

本当に有難うございます。”

“夜に汗を流すのは前と変わらなんんですか?”

“いいえ、薬を服用してからは、汗を流すのも治りました。”

王懷隱は暫くの間考えた。

甘麦大棗湯が汗を止める作用もあるだろうか。

それで 彼はその後、

この処方で汗を多くかく患者数名に試してみたが、

特に効果が無かった。

彼は色々と考えて見た。

“もしや、今度使った粃(ひ 悪い)の

小麦に効果があったのかな!

正常の小麦と粃の小麦に問題があるのではなかろうか?”

彼はつくづくと考えた。

この時に、

張大戶が小麦を持って来た。

調べてみると彼が持って来た小麦は、

全部が中味の無い粃の小麦の空穀であった。

“貴方が持って来た小麦は全部が粃の小麦ですね。

薬はいつも良い材料を使わなければいけないのに、

薬質が悪いんだね!?”

王懷隱はその時、

にわかに心当たりが浮かんだので、

“張さん!何故この粃の小麦を持って来たのですか?”

“実は、この小麦は充実でないので

水に浮かぶから棄(す)てようと思ったのですが、

後に惜しい気持ちになって持ってきました。”

“これも一度薬材に使ってみようかな?”

張大戶は顔を赤らめながら、王懷隱に善処を頼んだ。

王懷隱は暫く考えてから下僕達に言いつけた。

“宜しい、これを皆買い取って、

この小麦は別の所に保管しておけ。

この小麦には浮小麦と表示せよ。”

彼は小麦が水に浮かぶという意味で、

浮小麦と名付けた。

浮小麦は 汗を流す病気である自汗と盗汗(寝汗)を

治療するのに使い効果がある。

この浮小麦に黄耆、麻黄根、牡蠣を加えて使用したところ、

一層効果が良かった

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.