ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。藜蘆(れいろ)

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

24.湧吐薬


山で育つ葱
  藜蘆(れいろ)

中国の金元時代の四大医者の一人である張子和は、

病気を治療する時

汗を出す方法と吐かせる方法、

また 腹下し(泄瀉)の方法によって治療したので、

後世の人達は彼を攻下派(こうげは)と呼んだ。

だが、

これらの方法は長い間の臨床試験の成果であった。

その中で吐く方法に関して面白い逸話がある。

張子和が住む近隣に何老大という人が住んでいた。

彼は王の姓を持つ夫人を迎え、

夫人は良妻賢母で彼等夫婦は仲睦まじく、

幸福で満足な暮らしを送っていた。

処がある日、些細な事で大きく言い争った。

夫人は大いに腹をたて

突然 瘋癲症(ふうてんしょう 精神の平静さを失っている事)を起こした。

夫である何老大は慌てて張子和に往診を請い、

自分の妻を診てもらった。

張子和は望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、

問診、切診(せっしん体表を触れて病状を把握する)を

試みたが 病の原因は見つからなかった。

張子和は溜息をつきながら、何老大に話した。

“何兄!私の医術が足りなくて、

夫人の病気を治療する方法が探し出せないのです。

他の高名な医者に診て貰いなさい。”

何老大は張子和が治療できないと言うのを聞いて、

大いに傷心し 空を仰ぎながら溜息をついた。

“天地神明よ!張子和まで方法が無いと言うのに、

誰が私の妻を治療する事が出来ましょうか?”

夫人の病気はますます重くなり、

発作を起こす時には唇が真っ青になり、

口から泡を吐き出しながら歯を食いしばって、

地べたをゴロゴロと転がり回るのだった。

何老大は普段から夫人をとても愛していたので、

多くの医者に診て貰ったが効果がなかった。

そうしているうちに、

その地方は大きな災害があり

穀物を一粒も収穫できなくなってしまった。

何老大は 日増しに貧しくになり耐え切れなかった。

そこで故郷を離れて

食べ物を求めて彷徨(さまよ)った。

そんな彼には妻を顧みる暇も無かった。

ある日、夫人は病気が再発して 一人で山を走り登った。

喉が渇いたので冷たい水で喉を潤し、

お腹が空いたので山にある草で空腹を満たした。

ある日

山に行って山で育つ葱を抜き取って空腹を満たしたが、

突然 その場で倒れてしまった。

村の人が彼女を見つけて背負って家に連れて帰り、

何老大は急いで夫人を助けて寝床に寝かし安静にさせた。

その日、

真夜中に夫人は寝床から起き上がり嘔吐しだした。

何老大は彼女の背中を叩いて吐くのを助け、

吐き出した物を調べてみると、

白色、黄色、黒色の三種類の固い痰であった。

吐き終えたのち 夫人は安らかに眠りに落ちた。

その後からは、

彼女の瘋癲症(ふうてんしょう)は再発しなくなり健康になった

それから、

何老大夫婦は お互いに一層愛し合うようになった。

王氏婦人の病気が治ったとの便りを聞いた張子和は、

彼等の家を訪問した。

“誰が病気を治療したのですか?”

王氏は張子和を連れて山に登り山に育つ葱を指差した。

“この草を食べて、

長引いた痰を多く吐き出してから病気が治りました。”

張子和は これを聞いて笑いながら話した。

“これは山に生えている葱ではないか?

この草は毒があり 牛や羊が食べれば腹痛を起こして死ぬというのに

夫人が食べ 反って痰を吐き出して

瘋癲症が治ったというのは不思議だ。

これは一体どうした事だろう?”

張子和はじっと考えていたが、

ふと「本草綱目」に

‘山葱大吐上隔瘋痰’という記録があるのが頭に浮かんだ。

それは “山に育つ葱は大いに吐かせ

胸の中の痰を除去させる”との意味である。

王氏の病気は痰迷心竅(たんめいしんきょう)によって

おこる瘋癲で 自然に吐く方法で治療ができたのである。

その後、

張子和はこの吐く事によって病気を治す原理を

色々な方面に応用し、多くの患者を治療した。

今日に至るまで、

漢方では山葱をもって吐かせる方法を使うようになり、

後になって山葱の名称は藜蘆と変わって今日に至っている

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.