ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。蛇床子

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

26. 外用薬

103.蛇島で採集して来た薬草(蛇床子)

蛇床子Torilis japonica

昔、ある村落に病名不明の奇妙な病気が流行った。

病気の症状は、全身に腫れ物ができて酷く痒かった。

余りに痒くて爪で掻けば、血が流れ、それでも痒みは止まらなかった。

この奇妙な病気は大変早く伝染し、患者が着ていた着物を着ただけでも伝染し、病者が寝た寝室に寝ても

うつり、風に吹かれた病者の皮膚のふけが健康な人の皮膚に触れただけでもすぐに感染した。

暫く経つと、村の全体が疾病に感染し、いかなる薬を塗っても食べても無駄であった。

そこで、一人の医者が次のように言った。

“この疾病を治療する薬は、一種の木の種子で、この種子を服用すれば必ず治るのだが、その薬は我が村から百里ほど離れた所にある小さな島で育っています。その薬草は毛のような葉と傘のような花が咲くのだが、その島には毒蛇がうようよと 大変多いので、

薬草の種子を採集する事はとても難しいのです。”

村人達は医者の話を聞いて物も言えず、ただ溜息をつくばかりだった。そこで村人達は皆、力を合わせて

薬を採集して来ることに決めた。

ある若者が食料を持ち、その島に向かって舟を漕いで行った。 しかし 若者は帰って来なかった。

その後にも若者達が続けて薬草を取りに行ったが、島に着いてどうなったのか、行方不明になった。

村人達は言った。 “皆、毒蛇に噛まれて死んだんだろう。”

村人達は薬草採集の為に出掛けた若者が一人も帰らなくなると、皆がっかりして失望した。

ある人は奇妙な病気の為に一日中皮膚を掻き毟り、

ある人は余りに強く掻いて皮膚が裂け、殆ど骨が現れてしまった。

また ある人は傷が爛(ただ)れて膿が出た。この奇妙な病気によって村の全体が苦痛に包まれた。

その時、一人の勇気ある若者が、三番目にその島に行く決心をした。どんな事があっても、俺は必ず薬草を求めてくるのだ。

“いや、もしも毒蛇にでも咬まれたらどうするつもりだ?”老人達は若者を引き留めながら、

“いくら苦しくても痒くても、そのまま堪えるんだ。”

若者は言った。

“私はまず蛇を追い払う方法を考え出して、それから薬草を採集するつもりです。あまり心配しないで下さい。”若者は老人達が引き留めるのを振り切って、島に行こうと村を離れた。若者はまっすぐに島には行かず、まず毒蛇を退治する方法を講ずべく、海辺にある大きな山に登った。その山の中には庵子があり、ここには百歳を越した年寄りの比丘尼(びくに)が一人で住んでいた。聞くところによれば、その年取った比丘尼が若い頃、蛇島に行き、蛇の肝を取り出して薬にした事があると聞いた。

若者は年老いた比丘尼に会って挨拶を済ませ、毒蛇を追い払う方法を教えてくれるように懇切(こんせつ)に頼み込んだ。

“毒蛇がいくら恐ろしいといえども、身動きもできなくなる方法がある。君は雄黄酒(ゆうおうしゅ)を携えて島に行き、毒蛇に会えば直ぐ様 雄黄酒を振り撒(ま)けよ!毒蛇はその匂いを嫌うので、直ぐ様逃げて行くのだ。”

“有り難う御座います、お坊様!”

彼は雄黄酒を身に携えて島に向かった。彼は小さい舟に乗って出発し、昼過ぎになって蛇島に着いた。

彼はゆっくり四方を見回した。島には本当に多くの蛇がうようよしていた。あるものは白黒の紋様があり、あるものは金色の花紋様があり、あるものは幾尺にも及ぶ長いものもあり、細い糸蛇が混じっていたり、

或いは腕よりも太い大蛇もいた。若者は雄黄酒を振りかけながら一方に向かって前進した。不思議にも蛇達は雄黄酒の臭いを嗅いで身を竦(すく)め微動だにしないのだった。若者は折りを見て、毒蛇の群れの下にある薬草を堀り取った。それは毛のような形の葉と傘のような形の花であった。

このようにして、若者は薬草を採集して村に帰って来た。若者は毒蛇を追い払う方法を修得して手に入れた薬草を村人達に分けてやり、村人達は薬草の種子を煮炊いて飲み、その汁を皮膚に塗った。すると彼等の皮膚病はだんだん治ったのである。

それから後、人々はこの薬草を皮膚病に使うようになったが、特に疥癬寄生虫(かいせんきせいちゅう)と伝染性皮膚病、湿疹に効果があった。

村人達は薬草の上に蛇が竦(すく)んでいたという意味で蛇の字と寝床の床の字と種子の子の字を取って蛇床子と名付けた。

また、昔の中国の揚州地方の宋の姓を持った人は、畑の周囲に生えているこの草の種子を蛇が好んで食べるのを見て、この草が蛇の交尾に十分な力を与えると思い、自身もこの草の種子を煮炊いて食べて回春したという。

蛇床子は芹科に属する蛇たべ草または蛇桔梗ともよばれ、主成分はカジネン(Cadinene)とトリルレン(Torilene)で男性の勃起不全、寒湿による帯下症と皮膚湿疹、潰瘍、疥癬に効果がある。

また、歴代の宮中の沐浴に媚薬剤として活用された。

「金匱要略」には女性の陰部が冷えた時に、蛇床子と

白礬(はくばん ミョウバン)を軟らかく粉末にして棗の大きさ位に固め、柔らかい綿布に包んで膣内に挿入すれば、全身が暖まり、新しい心持ちが湧き出ると書かれている。蛇床子は子宮が冷えて不妊の原因になった場合にも使う

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.