ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。夜明砂

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

27.其の他薬

111.三つの糞で作った名薬(夜明砂)

中国の江南の村に、夫婦と息子と嫁

合わせて四人の家族が住んでいた。

父と息子は外の町に行って商いをしていて

家には嫁と姑二人だけが暮らしていた。

ところが、

嫁と姑は仲が悪くて争い事が絶えなかった。

一度争い始めれば止めどなく長引いた。

ある年の夏、

嫁が目の病に罹った。

目が赤く腫れ上がり 睫毛(まつげ)には目ヤニが溜まり、

眩しくて目も開けられなかった。

涙が一日中流れた。

幾日の間治療しなでいた為 目尻は白苔に覆われて、

嫁は此のままでは失明するのではないかと心配された。

しかし、

姑は嫁の眼病を天罰だと思い内心ほくそ笑んだ。

表面上は嫁の病気を心配するようなそぶりをした。

“結局、私が助けてやらねばいけないだろう!

医者を呼んで処方をしてもらおう。”

と言い出たが、その言葉の裏には棘(とげ)があった。

嫁は病気をそのまま放置しておくと失明する恐れがあったので、

“お母さん、迷惑をかけて本当にすみません。”

嫁は致し方なく低い声で頼んだ。

医者が来て患者の目を診て処方を下してくれた。

しかし、姑は嫁の薬を作らず、

“お前が 今迄悪く振る舞ったのに、

私が何でお前の薬を用意してやるものか?

まあいい、私が直ぐに薬を作ってやろう。”

姑は医者の処方箋を破り棄て、

山に行って兎の糞を拾い 

洞窟に入ってこうもりの糞を拾って

家に帰りそれに蠶(かいこ)の糞まで加えて煮炊き、

残った分は紙に包んでおいた。

“おい!薬を炊いてきた。早く飲めよ。”

姑は薬が入ったどんぶりを嫁に渡した。

“お母さん、酷い臭いがするこの薬はどんな薬でしょうか?”

姑は臨機応変に、

夜にも目を明るくするという意味の夜明砂を思い出し、

“この薬は夜明砂で目にはとてもよい薬だそうだ。

眼病を治療するだけでなく、

夜にも昼のように物がはっきり見える。

医者がそう言ったんだよ。”

姑は適当に嘘を述べた。

“おかしいな!

姑が私に優しくしてくれるのはどういう訳かな!”

“夜明砂の他に、まだ何か入っているのでしょうか?”

“それは・・・・。”

姑はその瞬間、

夜には月を眺めるという意味の望月砂を思い出した。

“そうだ!医者がこの薬を望月砂とも言った。

続けて服用したら、

月の中の桂樹と仙女までも見えるようになると言ったよ”

嫁は姑の話を半信半疑ながらも、薬を続けて服用した。

ところがどうした事か 嫁の眼病は段々良くなり、

ついに物がはっきり見えるようになった。

ある日、

姑が外出していない時、

嫁は棚の上にある薬を発見した。

薬袋(やくたい)を開けてみたところ、

姑が煮炊いてくれた薬と全く同じ臭いがした。

詳しく調べてみたが、

それは兎、こうもり、蠶(かいこ)などの糞であった。

嫁は非常に怒った。

よくよく考えてみれば、

姑は自分を殺すつもりであると思うと怒りに震えて歯ぎしりした。

“糞を煮炊いて食べさせるとは・・・・。”

悪辣(あくらつ)な老いぼれ婆め!

私を殺そうとしたのだ。

私がこれを発見したのは、

神様が私を守って下さったのだ。

嫁は薬袋をしっかり包んで、密かに保管した。

彼女は父と夫が帰って来たら、

それを証拠として見せる積りであった。

その騒ぎの中にも、嫁の目は日に日に良くなった。

嫁から移ったのか、

今度は姑が全く同じような症状の眼病に罹った。

症状が段々悪化したので、

嫁は医者を呼んで診せたが、

嫁も医者の処方を破り棄て、

姑が残しておいた糞を煮炊いて姑に飲ませた。

“そうだ!お互いに引き分けだ。これで勝負なした。”

嫁は気晴らしをしたのだった。

一方、

姑は薬を飲み丼に残ったかすを詳しく調べて見ると、

自分が拾って来た、その糞であった。

姑は丼を投げつけながら叫んだ。

“この悪い女郎め。この糞を薬だと欺いて私に飲ませたな!

幸い私は運が良くて死ななかった。

さもなければ既に死んでいたかもしれない。覚えておけ。”

息子が帰ったらお前はそのまま放っておかないよ!

この悪い女郎!

と叱り飛ばしながら喚(わめ)いた。

幾日か後に父と息子が家に帰った。

姑と嫁はお互いに相手が悪いと告げ口をした。

父と息子は二人の話を聞き終えて、よくよく考えた。

その三つの糞が血気を下げ、

毒を無くして眼病を地楡したように思える。

そうでなければ、どうして二人とも眼病が治ったんだろうか?

その年の夏から秋頃にかけて眼病が流行り

患者が続出したので、彼等父子は三種の糞で薬を作り、

それを売り歩いた。

人々はその薬を食べて皆回復した。

そのお陰で彼等父子は金持ちになった。

その時から、コウモリの糞を漢薬名で夜明砂と呼び、

兎の糞を望月砂(ぼうげつしゃ)、

蠶の糞は蠶砂(さんしゃ)と言った。

その後、

姑と嫁は仲良くなり、争う事もなかった。

その家族はそれを持って多くの丸薬や散薬を作り、

江南一帯で最も名高い眼薬局として名声を上げた。

夜明砂は、熱を取り、目を明るくし、

また リンパ腺結節と瘧疾(ぎゃくしつ マラリア)、

小児の栄養失調症を治療する。

望月砂(ぼうげつしゃ)は目を明るくし、

痔瘻と殺虫作用をし、

蠶砂(さんしゃ)もまた同じ作用をする。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.