ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。醉仙桃

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

27.其の他薬

  1. 曼陀羅(醉仙桃

醉仙桃は ‘曼陀羅’ 或いは ‘洋金花’ の薬草の種である。

然るに醉仙桃と名付けられたのに

関して面白い由来がある。

皇帝の婿を‘駙馬(ふば)’と呼び、

皇帝を‘陛下’と呼び

臣下が皇帝の質問に答える時には‘萬歳’と

言った後に話しを続けるのが慣習になっていた。

昔、

ある皇帝が宮殿の王座に座って

文武百官(ぶんぶひゃっかん)をはべらせて、

科挙及第(かきょきゅうだい)の秀才と接見した。

宋国の時からは、

首席から三番目まで壯元(そうげん)と呼んだ。

今度の科挙で

壯元になった者は優秀な容貌の若者であった。

皇帝は若者を見て一目で気に入り、

彼を駙馬に迎え入れたくなった。そこで言った。

“結婚はしたのか?”

壯元になった若者は皇帝の質問にまごまごして答えないので、

この若者は まだ妻がないのだと思った。

皇帝は御命を下した。

当時は地位の高低を問わず、

皇帝の命令には逆らう事は出来なかった。

壯元の若者は否応なく公主と婚礼を挙げる事になった。

婚礼は滞りなく運ばれ、皇帝は大いに満足し、

皇后や皇族、文武百官は勿論、

公主自身も立派な駙馬を見て大変喜んだ。

宴会が終わって、新郎新婦は新房(しんぼう)に入った。

駙馬になった新郎は疲れたのか。

部屋に入るやいなや眠りに落ち込んだ。

それから以後、

翌日もその翌日も公主を側に置いたまま眠り、

公主に接近しなかった。

公主は耐え切れず、

母である皇后に涙を流しながらその事を打ち明けた。

なお、一層解せないのは、

晩に寝床に入る時、下着を脱がない事だった。

皇后はこの事を皇帝に話し、

皇帝はすぐに内侍達(ないしたち)を呼んだ。

“駙馬が何か不満でもあるのか?”

 “萬歳!何事があったのですか?”

皇帝の話を聞いて内侍達は驚いた。

内侍達は、何事が起ったのか、

皇帝は自分達に、何を聞いているのか、

内容が全然分からなかったので、

何とも答える事が出来なかった。

内侍達が口を閉じて答えないので、

皇帝は益々いきりたって、

“誰か駙馬の下着を脱がせる事ができる者はいないのか?”

皇帝が大きな声で叱責(しっせき)したが、

誰も口も聞けずにお互いに顔を見合わせていた。

その時、年取った一人の内侍が言った。

“萬歳!小人が試みてみます。

今夜、駙馬の為に宴会を催して下さい。”

その日の夜、

宮中では盛大な宴会が開かれた。

内侍は曼陀羅の種を粉にして密かに酒を混ぜた、

駙馬はこれを知らずに何杯かの酒を呑んだ。

夜が更けて、駙馬は寝室に帰った。

薬を混ぜ込んだ酒を呑んだ駙馬は、

べろべろに酔っ払って眠りに落ちた。

公主は駙馬の下着を脱がした。

“あーっ!”

公主は悲鳴をあげた。 無理も無かった。

下着を脱がせてみると、駙馬は男ではなく女であった。

やがて夜が明けて、

朝、目を覚ました駙馬は、

自身の姿を見て秘密がばれたのを悟った。

“お前はどうして私と皇帝を欺いたのか?

お前は生かしておけない。覚悟せよ!”

彼は公主にそれまでの理由を

打ち明ける機会をくれるように願い出た。

公主は彼が元々は誠実な人だと思っていた。

“そうか、話してみよ。”

“私は女です。

私の夫が長い間、

科挙を受験する為に準備をしていましたが、

試験日を前にして不幸にも病気に罹ったのです。

 医者は半月位経たないと回復はできないと言いました。

夫と私は科挙を受験する為に

長い間 苦労して来たのに、

一気にその夢が消え去ったのが余りに口惜しかったので、

二人で抱き合って慟哭(どうこく)しました。

普段、夫と一緒に勉強していた私は、

夫の心を慰めようと心に決めて、

男装をして科挙に應(おう)じましたが、

結果は意外にも壯元になり、

この様な事態になりました。”

彼女は泣きながら話を続けた。

“皇帝の命令に逆らう事もできず、

その上、私が女なのでもっと恐かったのです。 

それで今の様な状態に迄なったのです。”

公主は聞き終わって怒りを収め、

反ってこの女性の美しい心根に感嘆した。

“貴方は私の姉になって、私を妹にして下さい”

公主は、皇帝と皇后に、彼女に代わって許しを乞うた。

皇帝は公主の話を聞いて彼女を養女に迎え入れる事に決めた。

そういう訳で、

病気の為に科挙に應じられなかった彼女の夫は、

結果的に皇帝の駙馬になった。

数日の後に皇帝は内侍に聞いた。

“お前は宴会の夜、酒に何を混ぜ入れたのか?”

年老いた内侍は曼陀羅の種だとは言えなかった。

何故なら当時、

曼陀羅の種は風湿病(神経痛)と

水泡の外用薬として使われ、

その種には毒性が有るので、

内服薬に使うのは禁止されていたからであった。

内侍は この種が麻酔剤の効果が有るのを知っていたので、

大胆にもそれを使ったのだった。

内侍はむやみに口外したら命が危ない事を知っていた。

頭の賢い内侍は臨機応変に答えた。

“神仙も酔うという酔仙桃という薬です。”

酔仙桃という美しい表現に

皇帝は良い印象を受けたのか、

それ以上は聞かなかった。

その時から 

今迄、酔仙桃は曼陀羅の別名になっている。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.