ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。落得打

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

27.その他薬

117.猿が教えてくれた秘法

落得打

中国の永嘉縣の楠溪地方の一帯で、

人々は骨が折れた時 

漢薬剤である落得打か 

或いは猴駄藤を使用して接骨していた。

およそ100余年前、

楠溪の南岩の麓に一棟の草庵が有った。

その家には蘆氏の姓を持った老人が住んでいた。

合わせて四人の家族は 山に畑を耕し、

トウモロコシを植えて生計を営んだ。

彼等は勤勉だったので、

赤い髭を垂らしたトウモロコシが

すくすくと伸びて良く育った。

処が、老人が体の調子が悪くなり、

幾日間か畑に行かなかった。

数日後、

体が治り、畑に行ったところびっくりした。

トウモロコシが無くなり、

幹だけがひっそりと残っているではないか?!

“誰かがトウモロコシを盗んで行ったな!”

と思ったが、しかし思い直してみると、

畑の後ろは百丈に余る岩の絶壁であり、

左側は深い沼でその方面からは人が入る事が出来なかった。

ただ、

東南方だけに道が有るのだが、

その道は老人の家を通過しなければ通れないし、

この道も数日の間、人が通った形跡はなかった。

“これは本当におかしな事だ。”

老人は、

またもトウモロコシ畑に行って色々調べていたが、

その時 突然、数匹の猿が

岩の後ろから蔓(つる)にぶら下がって降りて来て、

トウモロコシをもぎ取り、また蔓に乗って逃げて行った。

それを見た老人は大いに怒り、

岩の後ろに廻って蔓を刀で切ってしまった。

“蔓を切ってしまったから、

あやつらはもう来る事ができないだろうな。”

老人はぶつぶつと呟きながら家に帰った。

二日の後に、老人はトウモロコシに行ったが、

またもや 猿達がトウモロコシを盗んで行った。

切っておいた筈の蔓は元通りに繋がれていた。

老人はまた怒って、今度は蔓をずたずたに切った。

老人は家に帰ったが、それでも安心できないので、

家にあった火銃を取り出して、

再び トウモロコシ畑に行き、

畑の向かい側の森の中に身を隠して、

猿が現れるのを待った。

日が暮れるにはまだ間があったが、

数匹の猿がまた蔓にぶら下がって降りて来た。

途中で蔓が切れているのを知って、

暫くどこかに消え去ったが、

ある草を咥(くわ)えて再び現れて、

その草で切れた蔓を次々と繋いだ。

この時、老人は堪えきれず銃を一発撃った。

岩壁の蔓に乗り移っていた猿は驚いて落ちた。

猿がきゃっ きゃっと痛がったのを見ると

片方の足の骨が折れたようで立ち上がれなかった。

他の猿はこの光景を見て大きく叫び声をあげ、

忙しく手にもっていた草を

口にいれてもぐもぐ噛み潰して、

その汁を傷ついた猿の傷口部位に塗った。

老人は猿達の仕草がとても珍奇だったので、

息を殺して猿達の動く光景を観察した。

暫くして、骨折した猿がようやく立ち上がり、

他の猿が付き添って 皆立ち去った。

老人はそこに近づき、

一握りの草を見つけた。

その草はあたかも野山に育つ薄荷の葉に似ており、

やや赤色を帯びていた。

老人はその近くでこれと同じ草を採って家に帰った。

この山は元々、岩板創という人の所有で、

老人は彼の小作人であった。

秋の収穫期になって、

地主である石板創は、

従者数人を伴って小作料を取りに来た。

“旦那様!

今年は猿どもがトウモロコシを皆

 盗みとって行ったので、何も残っておりません。

何卒、勘弁して下さい。”

老人は哀願したが、

岩板創は気勢を上げながら大きく怒鳴った。

“小作料を支払わないのなら、

お前の家にある家財道具でも持って行くんだよ!”

彼は連れて来た手下の者達に手を挙げて合図した。

手下の者達は乱暴に家の中に押し入り、

手当たり次第に持ち出した。老人は見るに見かねて、

“よしてくれよ、これから私はどうやって暮らすんだ?”

哀願する老人を石板創は反って棒切れで殴った。

老人は棒で殴られた手が段々感覚を失った。

手の骨が折れたのであった。

やがて、石板創は手下の者達を率いて帰り、

老人は一人残って痛い手を抱え、

空を仰ぎ見ながらため息をつき茫然自失だった。

金が無いので医者にも行けず、

ため息だけを繰り返しているうちに、

ふと、猿共が

自分達の仲間を治療してやる場面が浮かび上がり、

その草を揉(も)みつぶして骨が折れた部位に塗りつけた。

しかるに、暫くして腫れが引き始め、

痛みも段々治り幾日か後には、

目に見えて元通りになっていったではないか!?

老人は子孫達にこの薬を伝えてやる為に、

薬の名前を、高い所から落ちたとか、

または 殴られて傷ついて得たという意味で‘落得打’、

または

猿が蔓に身を乗せているという意味の

‘猴駄藤’と名付けた。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.