ブログ

ブログ一覧へ戻る

妊娠中筋が引きつり脇腹が痛む改善漢方薬

 

此処に記載しますのは

傅青主男女科(ふせいしゅだんじょか)という

男女の病気の専門書です

北京語の古文体で記載されており

漢方の専門用語が多く

文章は大部分省略しております

殆どの文章が一般の方々に理解しにくい文章のため

分かりやすい文章に記載 致しました。

★流産回避兼不調改善薬

 

●妊娠中筋が引きつり脇腹が痛む

 

妊婦で心に憂鬱を抱いている者が有る

それによって不安になる

両脇腹が悶々して

弓の上の弦のようにひきつられているような状態

 

是は肝臓の気が通じない

胎児を養うのは腎臓の水が関わる

胎児は腎臓の水で養っている

 

腎臓が旺盛だと 体が丈夫

而しながら 

肝臓の血も同時に旺盛でなければ

腎臓だけの力では

支える事は難しい

 

故に胎児を守るには

腎臓の水を滋養する

肝臓の血も臓血する

それによって 

肝臓の気は鬱にならない

則ち肝臓の気は閉ざさない

肝臓の気は必ず旺盛になる

自然に胞胎に血を灌漑するようになる

腎臓の水と 協力して胎児の力を養う

 

筋が引きつるのは

肝臓の気の鬱によって 発生する

肝臓の気が鬱だと血を生む事ができなくなる

則ち 胎児は血が不足する

胎児がぶら下がるという

 

治療法は 

肝臓の気の鬱結を開いて

肝臓の血の乾燥を補う

則ち 子供のぶらさがっているのは自ずから定まる

(脇腹が引きつって痛む症状が止まる)

 

水で煎じて一劑服用すると

痛みは除く

二劑で脇腹の引きつりは自ずから定まる

三劑で 胎児は全く安全になる

山梔子を除いて再び数回 服用すると病は再発しない

是は肝臓を平和にして肝臓を解く聖薬なり

 

肝臓の鬱が開くと木(肝臓)は土(脾臓胃腸)を攻撃しない

肝臓が平和になると火(心臓)は妄動しない

処方の中には又

脾臓を健やかにして胃腸を開く品がある

自然に水(腎臓)の精は充足する

而して 肝臓と腎臓は並びに潤沢機会ができる

則ち 胎児は自ずから 乾燥の患いが無くなり

脇腹が引きつって痛い症状は止まる

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

妊娠

妊娠中は神社参りや神社でお香を焚く等はやめましょう。

卵巣機能高めたい 漢方薬90日分服用で妊娠です。

妊娠中は神社参りや神社でお香を焚く等はやめましょう。

漢方薬62日分服用で両足の静脈瘤が薄くなり念願の妊娠もしました。

妊娠中の風邪薬 つわり 妊娠中毒症 むくみ 便秘 腹痛 産後の薬

子宮筋腫・子宮内膜症で不妊が漢方薬12日分で妊娠しました

子宮筋腫3つ 子宮内膜症2か所 人工授精3回失敗後 漢方薬60日分で双子を出産しました

漢方薬で出産が楽 病気知らず成長が早く 子育てが楽です

ピルによる死亡例 頭蓋内静脈洞血栓症、肺塞栓症、脳塞栓症・下肢深部静脈血栓症

体外受精5回失敗漢方薬と仙人丸で赤ちゃん順調母子手帳を貰います。

漢方薬で間質性膀胱炎・不妊 子宮筋腫・多嚢胞性卵巣・黄体機能不全が妊娠7ヶ月です

逆子が漢方薬4包のみで正常の位置に戻りました。

漢方薬服用で子宮筋腫3.3㎝ありながらに 妊娠しました。

チョコレート膿腫が漢方薬で改善し出産2児の流産も漢方薬で回避できました。

漢方薬服用子宮筋腫ありで妊娠 逆児も漢方薬3包で元の位置です

漢方薬で2人目は60日分 3人目は30日分で妊娠しました

子宮筋腫・細胞異型性(頸がんの疑い)を漢方薬服用で妊娠しました

漢方薬で妊娠中の間質性膀胱炎の痛みが60%取れました

妊娠中や産後は母体と胎児の為に服用しなければならない漢方薬があります

妊娠を控えている女性の方の心得と 漢方薬は妊娠中の不調に対応できます

妊娠中の補薬 風邪薬 つわり薬 産後の漢方薬あるのを知らんかった。

子宮筋腫・子宮内膜症で不妊が漢方薬12日分で妊娠しました

産後鬱の漢方薬での予防法

産後の鬱 女性の鬱 原因と改善方法 漢方薬は最適です

胎盤が下で子宮が固い 切迫流産の危険 漢方薬で改善です。

妊娠中は胎児と母体に血を与える事が一番重要

不妊治療漢方薬服用で生まれた赤ちゃん ご主人の変わりように驚いています.

漢方薬で子宮筋腫・子宮頸がんが改善され女の子出産しました。

母乳が出ない原因と解決法 漢方理論

妊娠6か月で右足に静脈瘤 漢方薬服用第二子破水から2時間後に出産です

妊娠できない体には女性 男性 それぞれに原因があり取り組む事で妊娠に繋がります。

妊産婦の自殺 産後鬱などが原因 日経新聞

漢方薬のおかげで妊娠中の血糖値も下がり 入院回避でき出産が楽でした。

傅青主男女科の本での不妊の原因と治療法です

剥脱性口唇炎の漢方薬で妊娠し、出産し 体重も9㎏痩せました

妊婦さん 禁煙ができない アルコール依存症から抜けられない 漢方薬がお役に立てます

36歳 女性 尋常性白斑改善の漢方薬60日分で妊娠しました

鹿の角と亀の亀板で産後の足のむくみが1日分で取れました

産後に当帰芍薬散は使用してはいけません。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2022木室ミヱコAllright Reserved.