ブログ

ブログ一覧へ戻る

生理が中断して来ないを治す漢方薬

 

此処に記載しますのは

傅青主男女科(ふせいしゅだんじょか)という

男女の病気の専門書です

北京語の古文体で記載されており

漢方の専門用語が多く

文章は大部分省略しております

殆どの文章が一般の方々に理解しにくい文章のため

分かりやすい文章に記載 致しました。

 

 ★生理

年老いていないのに

生理が来ない

 

女性は7・7(7×7 =49歳)で

天発絶(天の気は絶える)

生理は止まる

 

まだ生理が止まる年でもないのに

生理が止まった者は

 

是は心臓と肝臓と脾臓の気の鬱による

それによって

生理は本当に枯れていく

そうなれば

 長らく 

延びて行く事が出来るだろうか?(早死にしちゃう)

人はその血が生理が行かないのを見ると

卽  血が枯れたという

それは 血の枯れたのではなく

生理が閉ざされた者である

 

生理の血は腎臓の中から自ずから出て来る

是は至陰(しいん)

一番の陰の精力である

 

その色は赤く陰中の陽也

いにしえの聖人や賢い人が

經水(生理)の名を立てたというのは

元来は 

陽が生まれて 陰が化する

だから常の規則がある

 

生理がこない

胎児があれば 則ち この水を以て

母乳に化ける そうすると

母乳期間は生理がこない

母乳の色は白く

胎盤の中の水も亦白い

 

 

然しながら 

生理が早く終わった事は

あたり前は専ら 

腎臓の水を攻めるべきである

自分は以て 是は

心臓 肝臓 脾臓の気が鬱積となす

 

三つの經が一つでも 鬱になっていたら

卽ち その気は腎臓に入らない

腎臓の気は亦 その為にスムースに回らない

 

治療法は必ず

心臓 肝臓 脾臓の三つの鬱を散じて

大きく 心臓 肝臓 脾臓の気を補う

卽 

腎臓の精は充満(ジュウマン)して

經水(生理)は自ずから行う

 

水で煎じて服用

八劑で生理は通じる

続けて服用して生理が再び

閉さなくなるまで服用する

兼ねて 妊娠する事ができる

 

この処方は心臓 肝臓 脾臓 腎臓

四つの經絡を

同時に治す治療薬である

妙はどこにあるかというと

補って以て これを通じさせる

散じる 散じるのを以てこれを開く

倘(なお )徒(いたずらに)

鬱を開かないで

補うと火が生じる

 

徒(いたずらに)散じると

則ち気は益々衰えて

精は消耗する

 

治療するのに

堅(かたい)いのを攻める剤や

辛熱の品を用いたら  これはいかん

 

 

 ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

生理

酷い抜け毛部分に髪が生えた写真と胃腸虚弱 生理不順 倦怠感が改善です

子宮腺筋症・子宮筋腫漢方薬で生理時の血の塊が無くなりアトピー性皮膚炎の痒み消えました。

生理不順は古来より漢方書物に原因と治療法が記載されています

味覚障害が漢方薬2日分服用で5割が改善 3日目には生理も正常になりました。

傅青主男女科 生理不順 諸症状のタイプに応じられる漢方医学

極度の貧血症Hb;ヘモグロビン6.8 漢方薬で生理の血の色が濃くなってきました

「中国からの留学生。中国で買った漢方薬より速効性で効き目が高いです。生理

中国ハルピン生まれの方 オータニ漢方薬の即効性に驚きです

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2022木室ミヱコAllright Reserved.