ブログ

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱ子は 本草綱目北京語の古文体を翻訳した本を出版致します。

その中の紫蘇葉についてのお話しです。

FMきらら放送原稿 2018年2月15日

昨日2018年2月15日 華陀の紫蘇のお話しを証明する出来事がありました

 本日2018年2月16日 また 確認のお電話を12時50分に差し上げました

絶好調 全く痛くないお通じがすごくいい

 毎日トイレ無かったが 朝からきれいにきちんとした便びっくり 

お腹が胃痛で食べれないが無くなりました 

普段より食べれています 

こんなに 食べれるようになったのは久しぶりです 

だいたい食が細い 油っぽい中華料理を昼食で全部食べた

だいたい 残す 一人分食べれないのに

 今日は油っぽい中華料理を全部食べました 驚きです。 

中華料理 また 後日談お話しします

 

昨日2018年2月15日のお話です。

 カニを食べ過ぎて お腹に痛みが発生した患者さんが来局です。

 

  1.辛温解表薬

華陀(かだ)の応急処置 紫蘇葉(しそよう)の

お話しを証明するようなお話です。

 

木室ミヱ子と患者さんの会話です。

  • 54才 女性 福岡県 54才 女性 

今年 12月の終わり お腹こわして 

ずーと悪い 胃と腸の間が痛いお腹がすくと痛む  ずーと続いている。

木室先生 何故でしょうか?

 

何故?

 何故なの? 

あなたの漢方薬は

胃腸からくる胃の痛み

肝臓からくる胃の痛み

肺臓からくる胃の痛み 

貴方は普段からそのような原因で胃痛の起きる体質をしているから

それらを考慮して 胃痛も治る体質改善薬お渡ししています

 

胃腸が元氣になる薬よ

 胃が痛くなるようなものではないわよ 

何か 食べたの?

 

上海ガニ食べたせいですか?

上海の人がカニは体を冷やすから気をつけなさい 言っていた 1か月前から胃が痛い

  上海ガニおいしいと思わなかったです

 

木室ミヱ子は今まで

タラバガニ ワタリガニ 毛ガニ

此れまで お腹いっぱい

 食べ放題で天神で 食べた時もあり

食べてもお腹は痛くならないし

痛いと言う人を見た事聞いた事が有りませんでした。

海で捕れるカニはお腹は痛くならないようです。

上海ガニは 川で取れる

川はどぶ川もあり 水が濁っていたり 菌が沢山いるのかもしれません

だから お腹が冷えて痛むのでしょうか?

 

あなたのその体験面白い

 華陀がカニを食べ過ぎて死にそうになった若者を紫蘇でたすけたというお話しがあるの

嬉しいな  

紫蘇で本当に カニで腹痛になった痛みが捕れるのか 

ぴったりのお話しがある

 効くか? 試しに飲んでみて

飲んで如何?

紫蘇子 紫蘇葉  半半にブレンドして飲んで頂きました。

 

服用した患者さん

“ おいしい おいしい 苦味感じない 

お菓子みたい”と言われ 

 5日分 紫蘇子と紫蘇葉を50%づつブレンドした漢方薬をプレゼントしました。

 

患者さん   経過を逐一ご報告しますね

毎日記録を取ります。

 

2月13日 14時42分

FMラジオのスタジオから 確認のお電話しました。

患者さん  

今の所 胃痛ありません 空腹時も 食後も胃痛ありません。

効いてる 凄い 華陀のお話しを証明するお話です。

 

 

 紫蘇子と紫蘇葉で

効かない場合 アニキサス 寄生虫かな?

虫を殺す剤を飲ませてあげよう確認のお電話差し上げました。

 

 

下記の

1.辛温解表薬

  1. 華陀(かだ)の応急処置

 

1.辛温解表薬

  1. 華陀(かだ)の応急処置

紫蘇葉(しそよう)

陰暦の9月は菊の花が咲き乱れる季節である。

ある都市で、お金持ちの家族が飯店に集まり蟹の

ご馳走を楽しんでいた。

そのうち 興(きょう)に任せて、誰が一番多く

蟹を食べるか試合をする事になった。中国の飯店は食事と料理宿泊も兼ねる処だ。

この季節の蟹は大きくて肉付きもよく 新鮮なので、見るからに

美味しそうだった。瞬く間に蟹の殻はテーブルの上に山積みになった。

この時、名医の華佗(かだ)が弟子を連れて飯店に入って来た。

華佗は一心不乱に蟹を食べている若者から 目を離さず見ていたが、

遂に堪え切らず若者に話しかけた。‟蟹は冷たい性質の食べ物であるから、

余り多く食べると 良くないですよ。“ 

 ‟自分の金を出して何をいくら食べようと、貴方のお節介は御免ですよ。”

‟余り 沢山食べて腹痛でも起こしたら、命を落とす事も有ります。“

脅かさないで下さいよ。

私が死んでも貴方の知った事では 無いでしょう。

“ 酒に酔っ払い、身持ちもまともに出来ない若者は 華佗の勧めを初めから耳にしなかった。

 ‟ああ、本当に美味しい 蟹を食べて死んだと言う話は聞いた事がない。 

さあ、思いっ切り食べろ。 あの老いぼれ爺は、さぞ 涎でも流しているだろう。”

華佗の話を若者が耳にしないので、彼は飯店の主人を呼んで話した。

“若者らが続けて蟹を食べれば死ぬかもしれない。”しかし、飯店の主人は若者達が

多く食べる程 金儲けが出来るので、彼の話に耳を傾けなかった。

華佗は 此れ以上 止めないで、弟子と共に酒を飲み始めた。

いつの間にか日が暮れて外が薄暗くなっていた。 

暫くして 若者は腹が痛いのか、顔をしかめて 悶え始めた。

痛みは益々激しくなり、テーブルの下で転がり始め、体中汗だくになった。

‟助けて!! 私は死ぬ。早く医者を呼んでくれ!“

主人は慌てだし、どうしていいか狼狽した。

 “よし、私が診察してみる。”

華佗が言うと、若者は見上げた。

先頃、蟹を余り多く食べない様にと言い聞かせていた老人ではないか。

 若者は初めてこの人が医者で 有る事を悟った。 ‟お医者様、助けて下さい。 

お金はいくらでも差し上げますから、是非 命だけは。“

“お金は要らない。 その代わり、是からは

余り我儘を言わずに、この老人の言う事を良く守る様に。

“  華佗は弟子を連れて外に出て、近所にある紫色の茎と葉をもぎ取って 煮詰め、

若者に飲ませた。彼は治療の傍ら考えた。

― この紫色の薬草はまだ名前が無い -

暫くして、若者の腹痛は不思議な位に段々消えて

楽になった。 華佗はこの薬草の名前を“紫舒”と決めた。

この薬草を食べると腹痛が消え去り楽になるとの意味である。 

やがて 若者はお礼の挨拶を残して帰ろうとした。

‟大変な事になる処だったよ。

是からは若いからとかお金持ちだとかの自慢心を起こさずに、

健康にも気を付ける様 心掛ける事。“と華佗は諭した。

“ハイ、お医者様のお言葉通りに心掛けます。”

飯店の主人も頭を下げて頷いた。

弟子は恩師に尋ねた。

恩師様、この草が蟹の毒を消すとはどの医書に載っていますか?

“本には無い。私自身、動物らが食べるのを見て分かったのだ。”

ある夏、華佗が江南の川岸で薬草を採っている時だった。 

江南は今の揚子江の南方一帯である。

偶然に川獺(かわうそ)が大きな魚を捕る場面を見かける事になった。

 川獺はあらん限りの力を尽くし、暫くかけて 捕らえた魚を飲み下したが、

魚が余りにも大きかった為、腹が膨らんで 裂けそうだった。

 川獺は苦しみもがいた挙句、やっと

川岸に這い上がって横になり休んでいたが、そのうち少しずつ身を動かし、

草むらが有る所まで行っては、生い茂っている草の中で紫色の草を食べ、

暫くすると前より ずっと楽になって元気を取り戻した。 

この場面を じっと眺めていた華佗は考えた。 

魚は涼の性質を帯び、 紫色の草は温の性質を持っている植物であるが故に、

魚の毒を解毒するという事を考え出した。

後日、華佗はこの薬草で丸薬と散薬を作ったが 

この薬は驅寒(くかん)の性質があり、

悪寒(おかん)頭痛、発熱、身体痛、関節痛、腹痛、下痢等、寒気の為に起こった病気に効果が有った。

又 消化機能を強化させて 肺機能を活発にし、気血循環を助け、腸の連動作用を促進させて喉の渇きを無くし、

又、痰を除去する為に、多くの患者を治療する事ができた。

然るに、何故、後世の人達は華佗が‟紫舒”

と名付けたこの薬草を‟紫蘇”と呼ぶ様になったのか? 

其れは中国の発音で舒(すー)と蘇(すー)とが同じ事から

時が経つに連れ‟紫蘇”と呼ばれる様になったのである。

紫蘇の葉は砂糖の200倍に当たる甘味が有り、

防腐効果が有る。

紫蘇は紫色の胡麻(ごま)の葉で肉、魚類のスープに多く使われ、

このスープ類を食べ過ぎても身体に異常を起こす事が無いのはこの植物のお陰である

紫蘇は、風邪の初期に解熱作用があり、又、抗菌作用もあり、血糖を高める。

 気の循環を促し、妊婦の胎動(たいどう)不安にも効果がある。

魚、蟹等の中毒にも効能がある

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.