ブログ

ブログ一覧へ戻る

醫方集解 北京語の古文体を日本文に翻訳 殺蠱之剤(体内の虫)

 

醫方集解 癰瘍之剤 ( 癌 腫れもの かさヨウ )の解説を

北京語の古文体を翻訳しました。

内容(「BOOK」データベースより)

中国医学の直接の治療手段は、薬物ではなく、方剤である。

だから、方剤の聖典である「

医方集解」(汪〓庵1682年)をよまなければならない。

その網羅される範囲は、

中国医学のはじまりから明末・清初の温病理論の

一歩手前までがすべて入っている。

内容は適用される証と症状から

方剤を構成する各薬物の役わりにいたるまで、

懇切ていねいに説明されている。

まさに、

方剤の使いかたを初歩から奥義までを

一直線ですすめるテキストである。

醫方集解 (考選部規定中醫師考試必讀)

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.