ブログ

ブログ一覧へ戻る

醫方集解北京語の古文体日本語に翻訳  殺蟲之剤

醫方集解 殺蟲之剤 体内の虫

關尹子(かんいし)曰く

人の一身は 内(中)に害虫を包んでいる。

外は蟻とか虱(しらみ)に蒸されている。

萬物は人身(人の体)に依りて 

以て生きていくものである。

此れ 吾が身は一つの小天地也。

蟯蛔(ぎょうかい)は

人となれば当たり前はある虫は寒に侵されたり

火に迫られたり 

則ち その位置に虫が安じなくなる。

そうすると病気となる。

 

若し 飲食を慎まないと

気と血が虚となり衰えてくる

そうだと 

又 変じて色んな虫が生じてくる事ができる

非常に言い難い事がある 

髪の病気で労さつで屍が傳わる様な類もある(伝染病)

身を殺し門が滅びる(一家全滅)に至るのは蟲(虫)の患いもある

斯のごときその酷さなる也

だから 賢なる者 (偉い先生)は方法を以てこれを殺している

若し 人が不能 蟲(虫)を殺す事が出来なければ蟲(虫)は必ず人を射殺すでしょう。

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.