ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳 牛黄

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

5.清熱解毒薬

 

18.扁鵲(へんじゃく)と半身不随   (牛黃)

牛黃(BovisCalculus)

扁鵲(へんじゃく)は 紀元前5世紀の名医で、

本来の名前は秦越人(しんえつじん)であった。

彼の医術は 飛び抜けて多くの人々を疾病から救った。

特に脈診(みゃくしん)と鍼術(しんじゅつ)に優れていた。

彼の著書は殆んど消失したが、

「難經(なんぎょう)」が

彼の著書だと伝えられている。

 

ある日の事、

扁鵲(へんじゃく)は火で焼いた礞石(もうせき)を

食卓の上に置いて砕いていた。

隣に住む陽文(ようぶん)が中風にかかり

半身不随になったが、原因は痰(たん)の為だった。

扁鵲(へんじゃく)は彼の痰を除去する為に

清礞石(しんもうせき)を粉にしているのだった。

その時、

家の外でにわかに騒しい声が聞こえたので、

扁鵲は 窓を開けて外の気配を探(さぐ)った。

「何故こんなに騒がしいのかな。?」

陽文(ようぶん)の家には大きな黄色の牛がいたが、

近頃 段々痩せて力がなくなり、

畑を耕す事も出来なかった。

息子の陽寶(ようほう)は人を雇って牛を殺した。

さて、牛を殺して調べてみると、

牛の胆嚢に異物が入っているのを見つけた。

これを見た人々は 皆 驚き、

胆嚢の袋を持って来て扁鵲(へんじゃく)に見せた。

扁鵲(へんじゃく)は

その袋から幾つかの石を取り出した。

それを良く洗って、元の食卓に戻り、

座って礞石(もうせき)を押しのけて、

胆嚢から出た石を丹念に調べていた。

その時、

陽寶(ようほう)が急いで入って来て彼に言った。

「父が息を切らせながら身体に

痙攣(けいれん)を起こしています。」

扁鵲(へんじゃく)は胆嚢から出て来た

石から手を放し、急いで彼の家に行き、

患者を診察した後、陽寶(ようほう)に言いつけた。

「早く私の家に行って、

食卓の上にある石を持って来てくれ。」

陽寶(ようほう)が石を持って来ると、

早速、 彼に石を砕いて粉にせよと命じた。

粉にした石を5分程 陽文(ようぶん)に食べさせた。

暫くの後、陽文は痙攣が止まり、

息遣(いきづか)いが正常に戻った。

扁鵲(へんじゃく)が家に帰ってみると、

食卓の上に有る筈の胆嚢から

出た石が見当たらなかった。

「誰が食卓の上に有った石を片付けたのか。」

すると婦人が答えた。

「陽寶(ようほう)が持って行きました。

貴方の命令だと言っていました。」

扁鵲(へんじゃく)は暫く考えた後、

独り言を呟いた。

「それでは  今日 礞石(もうせき)の

代わりに この石で陽文(ようぶん)の病気を

治療した事になるんだな。

治療効果が早かったのを見ると、

この石が 痰を除去する効果があると言う事になるな。」

その後、

扁鵲(へんじゃく)は礞石(もうせき)の

代わりに 牛の胆嚢から出た石で病気を治療した。

患者を注意深く観察してみれば、

3日も過ぎると陽文(ようぶん)の

病気は段々良くなったし、

半身不随になっていた片方も

少しずつ動くようになった。

扁鵲(へんじゃく)が効能を発見した

牛の胆嚢から出た石は涼性(りょうせい)であり、

心臓と肝臓の熱を取り除いて清心させ、

開竅(竅を開く)させて、

解毒するという事実を知る事が出来た。

牛の胆嚢から出て来た結石は

牛黄(ごおう)である。

牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)

という薬は多くの場合、

中風に使われているが、

これは牛黄を原料として作られるものである。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.