ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳  毒蟲 

 

 

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

 

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍から?

貧血から?

風邪から?

筋肉の萎縮から?

虫歯から?

寒さから?

暑さから?

二日酔いから?

高血圧から?

低血圧から?

 

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳?

肺臓の冷えからくる咳?

肺臓の乾燥からくる咳?

肺臓の熱と乾燥からくる咳?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳?

 

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

 

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きがえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています

漢方薬の風邪薬

張仲景の傷寒論 風邪薬の中の種類には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

 

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方藥局

 

5.清熱解毒湯

  1. 毒を以って毒を制す(毒蟲)

昔、今日はこの村、明日はあの村と

品物を売って歩く一人の行商(ぎょうしょう)がいた。

その行商は 片方の肩に長い棒を担いでいたが、

その棒の両端には籠(かご)がぶら下がっており、

その中には 売買する品物が入っていた。

彼は日用品を売り歩いているのだった。

その行商人は毎日、

明け方早く寝床から起き上がった。

彼の婦人は その時もまだ寝込んでいるので、

彼は自分でご飯を炊いて食べるのだが、

食べ終わった時にも まだ日は昇っていなかった。

彼は 薄暗い明け方の井戸端(いどばた)に行き、

婦人が昨日の夕方準備しておいたおかずの

野菜を綺麗に洗って、台所に持って来て置いた。

毎朝、こういう習慣で、

その日も 行商人は朝早く食事を済ませ

籠(かご)を背負い商売に出掛けた。

行商をしながら歩いて行くうちに、

にわかに腹が痛み出し、

段々痛みは激しくなった。

折悪(おりあ)しく日照(ひで)りが続き、

大地は乾燥し、太陽の熱気(ねっき)が

降り注いだので貯水池の水も乾いて底を見せていた。

行商人は やっとある村に辿り着いた。

彼は背負っていた籠を降ろし、

目の前に見える家に入った。

その家では 一人の子供が遊んでいた。

大人達は 水を汲む為、遠い所まで行っていた。

「おい、済まないが水を一杯くれよ。」

「水は無いんです。」

行商人は酷く喉が渇き、

その上、お腹の痛みは段々酷くなり死にそうだった。

「私が台所に入って探してみようか。

一口だけの水でも結構だよ。」

「はい、いいですよ。」

彼は台所に入って水壺(みずつぼ)や

釜の中まで調べてみたが水は無かった。

ところが、顔を上げてみると棚が見え、

その上に 土器のやかんがあった。

彼がやかんを下ろして中を覗くと、

そこにはお茶の水が半分位あった。

行商人は 後先も考えずに

やかんの注ぎ口に口を押しつけて、

ガツガツと皆飲んでしまった。

ところが お茶の水を飲んでからは

不思議にも腹の痛みが止まり、

腹具合が良くなった。

行商人は子供に有り難うと

お礼を言って市場に向かって歩き出した。

一方、夜が明けて行商人の妻は朝飯を

食べようと台所に行き、釜の蓋(ふた)を開けた。

ところがどういうわけか

釜の中には蛇が死んでいた。

婦人はハッと驚いて良く調べてみると、

それは毒蛇であった。

薄暗い夜明けに、

野菜の中に隠れていた毒蛇が見つけられず、

そのまま 炊いて食べた夫は結局死ぬだろう、

一体どうすればいいのか?

縁起でもない悪い考えが浮かんで、

婦人は外に向かって走り出した。

婦人は市場まで行って夫を見つけた。

しかし、

夫は何事も無かったような顔で品物を売っていた。

夫は婦人に向かって聞いた。

「何か急な用事でも起きて、

ここまで来たのかね?」

「えーっ、貴方は生きていますね。

夜明けに 何を食べて行ったのか知っていますか?」

「野菜で作った莧菜(けんさい)湯を食べたよ。」

「その莧菜湯に毒蛇が入っていました。」

「何だと?ああ!それで腹が痛み、

死にそうだったんだな!!」

「早く医者に行きましょう。」

「いや、もう良くなったよ。」

行商人は何事も無かったかの様に返事をした。

「貴方、何か薬でも飲みましたの?」

「いや、何も。ただあまり喉が渇いたので、

ある家に入ってやかんのお茶を飲んだだけだ。

もしかしたらそのお茶に毒蛇の毒を

解毒する成分が入っていたのかもしれない。」

行商人夫婦は何だか不思議な気持ちになり、

また、気になる事もあって、

やかんの水を飲んだその家をもう一度訪れた。

「今朝 この前を通った時、

余りに喉が渇いたのでお宅に入り、

やかんの水を飲みました。

とても有り難い思いがして、

お礼を申し上げに来ました。」

「私達の子供は何も言わなかったんですがね。

そのやかんは 半年余りも

使わずに放って置いたんですが・・・」

「いいえ、そのお茶が私の命を救ってくれました。

すみませんが 

そのお茶はなんというお茶でしょうか?」

主人はやかんを取り出し、

蓋を開けてみてびっくり仰天(ぎょうてん)した。

やかんの中には蜈蚣(むかで)

と蠍(さそり)が死んでいた。

「その水は毒です。早く医者に行って見せなさい。」

「いいえ、今は何ともないんです。

今日の夜明けに間違いを起こして

毒蛇湯を食べたんです。

ところが幸運にもお宅の蜈蚣(むかで)

と蠍(さそり)の毒茶を飲む事になり

腹痛が治ったと思われます。

言わば、毒を以(も)って毒を

治療した事になりました。」

この話は伝説で

実話かどうかは確かではないが、

毒を以って毒を無くす

という事は確かである。

後になって、

医者達が毒蛇から毒を取り出して薬を作り、

毒蛇に嚙まれた時や、

その他の中毒症を治療した。

むかでは蜈蚣(ごこう)と言われ、

熄風(そくふう)作用をする。

熄風作用で眩暈(めまい)、

高熱抽筋(筋肉の捩(ね)じれ)

小児の驚気(癇癪(かんしゃく)等を鎮静させ、

痛みを止める効果がある。

蠍(さそり)は偏頭痛、

悪瘡と蛇に嚙まれた時に使われる。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.