ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体 威霊仙

 

 

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の中の種類には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります。

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状である

のかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し

死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

 

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方藥局

 

8.祛風濕藥  

26.童子僧の計略

威靈仙(ClematisfloridaThunb)

 

中国の揚子江の南岸に大きな山があるが、

その山中には威霊仙寺(いれいじ)

という長い歴史を持った寺が有った。

威霊仙寺には一人の年老いた僧侶がいた。

彼は薬草を 長い間研究し、

特に風湿病(ふうしつびょう 今の神経痛)

と骨が咽喉(のど)に引っかかった時に

使う薬草に対して詳しく知っていた。

この地域は 風が強く雨が多いせいか、

風湿病にかかる人が多かった。

その他にも、

猟師達が捕獲した動物を料理して食べる時、

骨が咽喉にひっかかる事がしばしばあった。

そういう時には、

村人達はいつも寺を訪ね、

僧侶に治療してもらうのだった。

威霊寺の年老いた僧侶は非常に

悪賢い人で患者が尋ねて来ると、

仏像の前に香(こう)を焚き、

合唱してお経をあげたのち、

焚いた香の灰に水を入れて灰の上澄みを飲ませた。

 

不思議にも、患者が香の灰を水に溶いて飲んだ後には

病気が良くなった。

僧侶はその度に、

「これは仏様の慈悲のあらわれです。」と言った。

こういう方法で

僧侶は多くのお香の献金を集めた。

実は予(あらかじ)め薬を煮炊いて器に入れておき、

その器で 香の灰を溶いて飲ませていたのだ。

しかし、

村には誰もそういう気配を見抜ける人は居なかった。

彼等は心から威霊寺の仏陀の霊験(れいけん)を

信じる一方、

僧侶を生きている仏陀だと

ますます尊敬するのだった。

この様な経緯(いきさつ)で

威靈寺付近はもちろんの事、

遠い地方からも多勢の人が訪れ、

祈願に参った。

唯一人、薬草を採集して炊く

威靈寺の童子僧(どうじそう)だけは、

こういう事実をすっかり見抜いていた。

童子僧は薬を煮る事の他にも、

色々の雑多な仕事をして、

早朝から夕方の遅くまで休む暇も無かった。

それにも関わらず、

僧侶は いつも彼に良くない顔をした。

童子僧をあたかも牛馬のようにこき使い、

一日中叱り飛ばし、時折殴る事迄あった。

童子僧は自分に対する

老僧の扱いが余りに酷いと思っていた。

そこで、

「よーし、これからは自分に薬の煮炊きを

言いつけたら人に無害な

他の薬を使って煮てやろう。」

ある日、一人の猟師が、

咽喉に動物の骨がひっかかった

子供を連れて来て治療を求めた。

生佛を名乗る老僧は、

いつもと同じように

香を焚きながら小声でお経を呟いた。

「太陽は東から昇り西に暮れ、

金の鞭(むち)で牛を追い駆け、

揚子江の水は大きな水音を

上げながらうねりまがって流れる。

阿弥陀佛様、お願い申し上げます。

この子供の病を治して下さい。」

老僧はお経を読み終え、

香を焚き終えた折を見て、

香の灰を予め準備した薬鉢に

入れて子供に飲ませた。

これまでは、

香灰を飲ませれば咽喉に引っかかっていた骨が

溶け落ちるはずなのに、

今度はどういうわけか効かなかった。

「君の体は不浄なので

仏陀様が腹を立てたのだ。

帰れ、仏陀様は

君に慈悲を施(ほどこ)す事を願っていない。」

猟師は術(すべ)がなく、

頭を垂れて溜息をつきながら

仏堂を出て来た。

童子僧はこの成り行きを見て、

子供が咽喉に骨がひっかかり

苦しんでいるのを可哀そうに思い、

お寺の裏門までついて行き、話しかけた。

「生佛が治せないのなら、

この薬を飲んでみなさい。」

猟師は子供に童子僧がくれた薬を飲ませた。

幾らも経たないで

骨が溶け落ち、子供は良くなった。

猟師は童子僧に

何度もお礼を述べて家へ帰った。

この事件があった後、

生佛の香灰は霊験がなくなり、

その度毎(たびごと)に、

患者に佛心が足りなくて

佛陀が救ってくれないのだと言った。

こういう事が繰り返して

何度も起こるや、老僧に香灰が

病気を治すことはできないと

思われるようになり、

威靈寺の香献金は日が経つにつれて減少した。

彼とは反対に童子僧を訪れる人は

日に日に増えていった。

人々はこれを見て次の様に言った。

「威靈寺の表門の香灰は

病気を治す事が出来ないが、

裏門の薬は非常に効き目がある。」

童子僧は老僧に全く悟られないように

患者達に薬を渡した。

ある日、風湿病にかかった木こりが訪れた。

彼は裏門から入るのを忘れて、

表門から佛堂に入り童子僧を探した。

そうして、

僧侶は事の経緯をついに悟った。

「うーむ、香灰の効力が無くなった原因は、

この童子僧めにあったんだな!」

老僧は一部始終を知って全身が震え、

歯ぎしりをして怒った。

童子僧をやりこめたかったが、

木こりの前なのでやっと抑えていた。

ついに耐え切れず、

童子僧の所に行くために階段を

降りて行こうとした途端、

足を踏み外して倒れ、

その場で死んでしまった。

後日、

童子僧は威靈寺の住職になった。

彼は風湿病と骨を軟化させる薬草で病人を治し、

お金のない貧しい人達には、

お金を貰わないで治してやった。

この薬草は葉が小さく

秋に真っ白い花を咲かせる。

僧侶はこの薬草を炊き使いながらも、

その薬草の名前は知らなかった。

後になって、

威靈寺に薬を求めに来る人が

日が経つにつれだんだん多くなり、

薬草が仙人草(せんにんそう)の

ように効力が優れていたので、

寺の名前をとって威霊仙と呼ぶ様になった。

威霊仙にはアネモニン(Anemonin)と

猛毒性揮発成分の

アネモノル(Anemonol)が含まれており、

多量に食べるのは禁物である。

威霊仙は、循環系統と平滑筋に刺激を与えて、

血糖を調整させ、利尿作用がある。

膝と腰が冷える時、

マラリア、破傷風、扁桃腺炎、

神経痛に効力があり、

骨が弱い時に助け、身体の経路を良く循環させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.