ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 桑寄生

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

 

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の中の種類には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります。

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状である

のかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し

死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方藥局

 

8.去風湿薬

28.召使の計略

桑寄生

昔、ある村に住む金持ちの息子が

風湿病(ふうしつびょう)(今の神経痛)

にかかった。

症状は腰が痛くて膝に痛みが激しく、

身を動かす事ができないので、

長い間病床に横になっていた。

医者の治療を受けたが、何ら効果が無かった。

ある日、

その金持ちは南山で薬草を

栽培する人の事を耳にした。

すぐさま薬草を栽培する農夫を招いて、

息子の病気に対して処方してくれるように頼んだ。

金持ちの家から南山迄は約20里程の距離だった。

そこで金持ちは、

雇っている幼い召使いが1日置きに

そこへ行って薬を持って来るようにした。

薬草栽培の農夫がくれる薬草は毎日違った。

しかし

息子の病気は少しも良くなる気配が無かった。

その年の冬は例年に比べて多くの雪が降った。

いく日も雪が降り続き、一尺位も雪が降り積もるので、

召使いは足元まで雪に埋もれ

辛(かろ)うじて歩いて行き来した。

ある雪の降る日、召使いは綿も入れていない

薄い着物を着ていたので、

身体がわなわなと震え、

20里にもなる南山迄行きたくなかった。

かといって薬を持たずに戻れば

主人は大騒ぎを起こす事だろう。

そこで彼は、村外れの道端にある

一株の桑(くわ)の樹を見つけた。

その桑の樹には幹に穴が開いており、

そこには多くの枝が出ているのを見た。

「よーし!これはうちのお坊ちゃんの

薬と似通(にかよ)っているな。

これを食べても悪くないだろう。

今日はこれをもぎ取って持って行こう。」

そこで幼い召使はその枝を折って

近くに住む友人の家に行き、

短く切って紙に包み、

残った時間には友人の家の仕事も手伝い、

また、

身体も暖めた後、主人の家に帰って行った。

主人は前と同じように、

召使に薬を煮て息子にたべさせるようにさせた。

幼い召使いは、主人が全く感づかないのを見て、

その日から二日に1度行く事になっている

南山には行かず、

その大きな桑の木に寄生する枝を取って

友人の家に行って遊ぶのが日課のようになった。

寒かったその冬も過ぎ去り春が訪れた。

雪は溶け、息子の病気はだんだん良くなった。

南山の薬草栽培の農夫は、

金持ちの息子の病気が良くなったという噂を

聞いていぶかしく思った。

「冬になってからは一度も薬を

持って行った事がないのに、

一体どんな薬を飲んで良くなったんだろうか?」

ある日、薬草栽培の農夫は

金持ちの家を訪れる事にした。

彼が金持ちの家の近くに辿り着いた時、折良く

召使の少年に会う事になった。

「これは大変だ!農夫と主人が会う事になれば、

これまでの事が皆ばれて、

私はどんな酷い目にあうか分からない。」

幼い召使いはこの場に至っては

全てを打ち明けようと心を決めた。

「私が悪かったのです。

私を許してください。お願いです。

主人には何も言わないで下さい。」

召使は引き続き頭を下げ、両手を合わせて哀願した。

「いや、一体どういうわけで君は

私にこのように詫(わ)びているのか?

君の主人に告げ口しないでくれと

願うのがおかしいではないか?

何か悪い事でもしたと言うのかね?」

幼い召使いは一部始終を打ち明けた。

「へえ、そうか?!

君が村外れの桑の木の穴に生えている枝を

取って与えたと言うんだね?

桑の木に寄生する枝が風湿病を

治すと言う話は聞いた事が無いんだがなあ。」

薬草栽培の農夫は召使の少年を

連れて村外れに行き、

桑の木に寄生する塊(えんじゅ)の木

の葉に似た葉と枝を持って、

そのまま南山に帰って行った。

「私がいっぺん試験してみよう。」

風湿患者に食べさせてみると、

果たして効果があった。

そこで、桑の木に寄生すると言う意味で

桑の字と寄生を合わせ桑寄生(そうきせい)と名付けた。

桑寄生は血圧を下げ、利尿作用に効力があり、

腸道の病毒をなくしてくれる。

また、肝臓と腎臓を補い、

筋肉と骨を強化させる。

身体の經絡(けいらく)が良く通るようにし、

妊産婦には胎児を安定させる役目をする。

また、

腰と膝の寒気と痛症や、

産後に乳がよく出ない時にも効果がある。

更に冠状動脈を拡張させて血流量を増加させ、

血小板凝集(けっしょうばんぎょうしゅう)を抑制して

血栓形成を止める。血圧を降下させ、利尿を促す。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.