ブログ

ブログ一覧へ戻る

糖尿病を改善する薬膳料理 医食同源

中国には、滋養作用や治療効果を

高揚させるために、

料理に漢方薬を組み合わる技術が古くからある。

薬剤を使うということで、

初めて見聞きされる方は、

薬を服むのと何ら変わりがないではないか、

という印象を強くされるかもしれない。

しかし、

一度食べてみるとおわかりになろう。

良薬は口に苦いという言葉とは反対に、

こうしてつくられた料理は、

味はもちろん色、香ともに素晴しく、

いわゆる「薬」とは全く異なり、

日常、普通に食べる「料理」として見事に完成している。

 中国医学では、

「薬(医)食同源」という言葉がよく使われる。

食べ物が薬となるのだから、

薬品に頼るまえに、

まず 日々の食事で健康を維持すべきである、

というのがこの言葉の意味するところである。

このように、

薬とは、ほかでもない

毎日の食事なのだと考えるからこそ、

料理を尊び、

どういった食物が体のためによいかといった研究に加えて、

美味しく調理するための技術にも

磨きがかけたれてきたのである。

今日ある漢方料理は、その集大成である。

 2000年あまりも昔に書かれた医学書『内径』には

「五谷は養、五果は助、五畜は益、五菜は充であり、

気味が合うゆえ服用し、

精気を補益する」という記述がみられる。

そこからさらに遡った紀元前8世紀、

西周の時代にはや、

食物による病気の治療を専門とする医師として

「食医」が存在していた。

「薬(医)食同源」の思想の歴史はこれほどに古く、

しかもそれは絶えることなく

今日まで脈々と受け継がれてきた。

事実、歴代の医学書、薬学書には、

飲食栄養に関する記述のあるものが数多くある。

 われわれのこれからの課題は、

こうした中国医学の歴史の

集積を生理研究するとともに、

それら中国医学の宝庫の片隅に

見過かされてきたものの発掘を続けながら、

まさに伝統の医学の柱ともいえる食事療法について、

理論的側面から、

また経験的側面からより一層掘り下げていくことである。

 これは学問研究の目的だけにとどまらず、

ひいては10億中華人民の健康へと

つながっていくものにほかならない。

 対外開放政策の推進によって、

諸外国との文化交流はますます盛んになり、

友好関係は一段と広く深いものとなってきている。

当然のことながら、

世界の人々の中国に寄せる関心は高く、

なかでも、伝統の中国医学、中国料理は、

さまざまな国のさまざまな立場の人々の注目を集めている。

 このたび、

「薬(医)食同源」の考え方に基づいて、

医学と料理が一体化した健康料理が、

中日両国の協力で活字や写真となって

人々に紹介されることは非常に喜ばしいことである。

ひとつひとつの料理の作り方とともに、

その料理を食べたあとの人体に

与える効果までていねいに解説されており、

ともすれば、

医と食のつながりを

忘れてしまいがちな現代にあって、

改めて健康の観点から食をとらえ直した

本書の意義は大きい。

日本の皆さんが「薬(医)食同源」の真髄に触れ、

それを理解し、

食による健康管理を実践するのには

最適の書といえるだろう。

 食物による健康維持のひとつの特徴は、

日常食べることを前提としている点にある。

すなわち、

一度食べたからすぐに

効果が現れるというのではなく、

食べ続けるうちに、

じんわりと効き目が見えてくるのである。

この緩やかな作用のために、

無理がなく、体質改善など時間をかけて

行なうべき治療には大いに役に立つ。

また、

病気にならないための予防としても有効である。

このことを踏まえて、

じっくり構えて健康と取り組むならば、

本書は多大な価値を読者に与えるに違いない。

 調理師の皆さん、

医療に関係しておられる皆さん、

家庭の主婦の皆さん

および多くの方々が

本書を手にされることを期待してやまない。

 最後に、

日本の友人の多大な労力によって

出版された『漢方健康料理』が

中日両国人民のさらなる有効の橋渡しとなることを祈る。

      中華人民共和国衛生部 顧問 ○○○○

 

【糖尿病】糖尿病を改善する薬膳料理 豚肉のきのこ煮

 

【糖尿病】—–ゆばの三色包み揚げ—–紫雲三仙(ヅーユンサンシェン)

 

【糖尿病】糖尿病に効く薬膳料理 にんじんがゆ

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.