ブログ

ブログ一覧へ戻る

熱症状時に食べる薬膳料理です。

 

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

【熱症状】—–なまことねぎの煮もの—–京葱海参(ヂンツォンハイシェン)

■薬味薬性

葱は辛温で 肺臓・胃腸經に入る。

ナマコは鹹(塩)温で心臓・腎臓經に入る。

■効能

葱は発汗解熱作用がある為

風邪やインフルエンザによる発熱

咳 痰の治療によく使われている。

特になまこと合わせると

体の弱い人が風邪を引いたような時に最適である。

それ以外にこの料理は腎臓の働きを活発にして

性機能を高める

胃の消化機能を促進する。

腸を潤して 便通をよくするなどの効果がある

 

◇この様な方にお勧めです。

①虚弱体質で目眩 貧血 動悸 

不眠 手足のしびれといった症状のある方

 

②体液の不足からくる定期的な微熱、

手足の熱っぽさ 寝汗、口の渇き

排尿過少などでお悩みの方

 

③便秘症の方

④滋養強壮に

 

 

【熱症状】—–五丁炒め—–焼五丁(シャオウーディン)

■薬味薬性

筍は甘寒で、胃腸 大腸經に入る。

椎茸は甘平で 肝臓經に入る。

高野豆腐は甘寒で 脾臓 胃腸 大腸経に入る。

 人参は甘微温で脾臓 胃腸 肺臓經に入る

キュウリは甘寒で脾臓 胃腸 大腸経に入る。

■効能

筍 しいたけ こうや豆腐 人参は

ともに胃の消化機能を強化する働きがある。

その他 シイタケには高血圧症に対する治療効果が

こうや豆腐 キュウリには利尿効果が

また 

人参には炎症症状を改善するといった効果がある。

従って 

この料理は胃腸の消化吸収機能を高めると同時に

熱症状を取り除くといった効果が期待できる。

 

◇この様な方にお勧めです。

①食欲不振 消化不良 下痢などでお悩みの胃腸の弱い方

②熱のある方 また 暑がる 、口が渇くというような方

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.