ブログ

ブログ一覧へ戻る

痔に効く薬膳料理 ほうれん草がゆ と きくらげがゆ

 

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

【痔】痔に効く薬膳 ほうれんそうがゆ

■薬味薬性 ほうれん草は甘寒で 大腸・胃腸・膀胱經に入る。

米は甘平で 脾臓・胃腸經に入る。

■【効能】

ほうれん草を加えたこのお粥は

 胃の消化作用を高め

 胃のもたれなどの症状を除き、

腸を潤して便通を良くする働きがある 

また 

血液循環を円滑にして

アルコール中毒を防いだり

 咽喉の渇きを癒すといった作用もある。

 

◇この様な方にお勧めです

①慢性の便秘でお悩みの方

②痔による出血のある方

③高血圧症の治療補助として

④二日酔いの防止に

 

 

【痔】痔に効く薬膳 木耳粥 (きくらげがゆ)

■薬味薬性

きくらげは甘平で 胃腸・大腸経に入る。

米は甘平で脾臓・胃腸經に入る。

■【効能】

きくらげは桑の木に樹にできたものが薬効がよく

肺を滋潤し 咳を止める作用があり 体質を強化する

また

痔の治療や女性の子宮の

不正出血の治療にも効果的である

止血を目的とする場合は 

きくらげをあぶって粉末にしてから服用(10g以上)

するとよい

棗は胃腸の機能を調整し 

体質改善の効果がある。

 

◇この様な方にお勧めです

①虚弱体質で、咳、痰のある方。

②食欲不振、消化不良でお悩みの方。

③血便、痔でお悩みの方

④女性の不正子宮出血に。

⑤体の弱い中高年の方。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.