ブログ

ブログ一覧へ戻る

糖尿病を改善する薬膳料理

 

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

 

【糖尿病】糖尿病を改善する薬膳料理 豚肉のきのこ煮

※注 蘑茹とは;

キノコ全般を指す言葉だが 

狭い意味では蒙古産のキノコ口蘑

の事をこう呼ぶこともある

ここで用いているのはヒラタケ(平茸)の仲間のキノコ

日本で調理する際にはヒラタケ シメジを用いると良い。

■薬味薬性

蘑茹は甘微寒で脾臓 胃腸經に入る。

豚肉は甘微寒で脾臓 胃腸經に入り

タンパク質脂肪などを多く服む

■効能 

蘑茹は血糖や血中の脂質を降下させると

同時に、食欲を増進し

胃の働きを助ける事から 

糖尿病などの慢性疾患により

体の抵抗力の衰えている方や

お年寄りには 体質強化の期待が出来る。

なお 

野生の蘑茹の薬効は温室栽培のものより優れている。

 

この様な方にお勧めです。

①顆粒球減少症の治療補助に

②慢性肝炎でお悩みの方に

③糖尿病でお悩みの方に

 

 

【糖尿病】糖尿病に効く薬膳料理 にんじんがゆ

■薬味薬性

人参は 寒微温で脾臓 胃腸 肺臓經に入る

■効能

人参にはカロチン・糖分・ビタミンC・

タンパク質などが含まれており

栄養価が高く 体を滋養する働きに優れる。

また 胃の消化機能を促進する事で

胸をすっきりさせ、腹部の膨張感や

慢性下痢などを解消する働きもある。

◇このような方にお勧めします。

①食欲不振、消化不良でお悩みの方

②夜盲症の方

③高血圧症の方

④糖尿病の方

⑤皮膚が乾燥して荒れ気味の方

 

 

【糖尿病】—–ゆばの三色包み揚げ—–紫雲三仙(ヅーユンサンシェン

■薬味薬性

椎茸は甘平で肝臓經に入る

湯葉(ゆば)は甘平で脾臓 胃腸 大腸経に入る。

筍は甘寒で胃腸 大腸経に入る

黒くわいは甘微寒で脾臓 胃腸 大腸経に入る

■効能

椎茸は胃に働きかけ 

消化機能を促進するので 

体質の改善に効果的である

湯葉( ゆば)はタンパク質に富み、

消化機系の機能を高め滋養を与える

筍は腸を潤わして便通を良くする働きがある。

黒くわいには

 肝機能を増強する作用

 水分代謝を調節して 熱をさまし、

炎症症状などを改善する作用などがある

従って これら諸材料を用いた 

この一品は、高い滋養効果を持っていると言える。

 

◇このような方にお勧めします

①糖尿病の方

②黄疸症状のある方

③咽頭炎、喉頭炎などの治療補助として

④尿路感染症でお悩みの方

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.