ブログ

ブログ一覧へ戻る

浮腫みをとる薬膳料理 

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

 

【むくみ】—–党参となつめのごはん—–参棗米飯(シェンザォミーファン)

■薬味薬性

党参は甘平で 脾臓 大腸経に入る 

棗は甘平で脾臓 胃腸經に入る

■効能

党参 なつめともに新陳代謝を盛んにし、

胃腸の消化吸収機能を促進する作用、

体液の分布を調整する作用などがあり、

両者が組み合わさる事で

これらの効果はより高められ、

すぐれた滋養食となっている。

◇このような方にお勧めします。

①体がだるい、動悸がする、

夜眠れないといった症状のある虚弱体質の方

②食欲不振、下痢でお悩みの方。

③体に浮腫みのある方。

 

【浮腫み】—–ささげがゆ—–豇豆煮飯(ジァントウヅウファン)

 

■薬味薬性

ささげは甘平で脾臓 胃腸經に入る

デンプン 脂肪油 タンパク質 ニコチン酸

 ビタミンB1、B2 Cなどを含む

■効能

ささげは消化器系を強化し、

腎臓の機能低下を回復させる働きに加え 

排尿を促し 体液の局所停滞を

解消するといった効果が期待できる。

 

◇このような方にお勧めします。

①胃腸の弱い方。特に胃腸の弱い子供やお年寄り

②むくみの治療補助として

③脚気でお悩みの方

 

※ 漢方製剤の党参 棗は

生薬販売の漢方薬屋さんで購入できます。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.