ブログ

ブログ一覧へ戻る

肌荒れを改善する薬膳料理 くるみ

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

 

 

【肌荒れ・髪を黒く艶やかに】くるみがゆ 肌荒れ、髪も黒くつややかに薬膳料理

 

■薬味

剥きくるみの味は甘平で腎臓肺臓經に入。

脂肪油 タンパク質 炭水化物 カルシウム 

リン 鉄 カロチン ビタミンB2

セルロースなどを多く服む

米の味は甘平で脾臓 胃腸經に入る

 

■効能

肺臓及び腎臓の機能を活発にすることで 

体内の水分代謝を促進するとともに 

呼吸器系疾患

を改善する働きがある。 

また 特に女性の方には 

肌をみずみずしく 艶やかに 

髪を黒くするといった効果も期待できる

 

◇このような方にお勧めします。

①排尿を促すので 

尿路結石などの治療によい 

(むきくるみは100gまで量を増やしてよい)

②慢性的なせき 

喘息でお悩みの方 

特にそういった症状のあるお年寄り

③閉塞性及び老年性肺気腫の治療補助に

④髪や肌に潤いを与える為に 

また 筋骨をたくましくするために。

 

【肌や筋肉の乾燥 東洋医学の考え方】

皮と毛は 肺臓が支配します。

肌と肉は胃腸が支配します。

綺麗な皮膚は 肺臓と胃腸を強化させる事

そして

加えて

骨(骨髄)を支配する腎臓と

筋肉を支配する肝臓で造血します。

 

また

体に毒素が有る場合や

各臓器に火が付いている場合も

体が火照り 汗を沢山掻きます

汗を沢山掻きすぎますと津液を無くして

肌が乾燥します。

体の中から水分を飛ばして 乾燥している肌は

外から 潤わせる 化粧水やクリームをつけても

追いつきません。

乾燥具合が酷いからです。

そのような 酷い乾燥肌は象さんの如くに

黒ずみ 硬い肌となります。

しかし

そのような 酷い肌の場合も

漢方薬は正常な肌に立て直せます。

何故でしょうか?

皮膚は毎日あたらしい皮膚が生まれ変わるからです。

しかし

血や気が不足しますと

毒素を追い出せない

火照りを止められない

となり 粘膜が乾燥 皮膚が乾燥 筋肉が乾燥

体全身が乾燥していきますと

浅い 小じわだけでなく

今度は顔中 体中に深い 深い シワが発生します。

筋肉に迄乾燥が及びますと

筋肉の凝りや 筋肉痛となります。

そのような肌でも漢方薬は正常な肌に戻す事が出来ます。

大事な事は

諦めない事です。

木室ミエ子

 

 

皮膚を潤う 関連ブログです

アメリカからの便り 漢方薬で真っ赤で痒くて痛くてゴワゴワだった肌が生まれ変わりました。

全身乾燥しすぎた人 粘膜 皮膚 筋肉迄乾燥した人の舌の写真

手の荒れ カサツキが漢方薬 27日目の皮膚炎改善写真

酷い硬くてゴワゴワ黒ずみの皮膚炎が漢方薬で改善された写真です

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.