ブログ

ブログ一覧へ戻る

白髪を改善する 薬膳料理

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

 

【白髪】白髪に効く薬膳料理 鶏肉とくるみのオブラート揚げ

■薬味薬性

くるみの味は甘平で腎臓 肺臓經に入る。

卵白の味は甘平で肺臓 腸經に入る。

鶏肉の味は甘温で脾臓 胃腸 肝臓經に入る

■効能

クルミは肌を潤し 

毛髪に栄養を与えるて黒くする。

多めに食べると 

利尿作用が強められるので

 尿路結石の治療にも効果的である

また肺臓を滋潤し、痰を除き 咳を鎮め

 喘息を抑える効果がある。

鶏肉とクルミその他を合わせた この料理は 

消化器、呼吸器、循環器、泌尿生殖器系機能を促進する優れた効果がある

 

◇このような方にお勧めします。

①顔色が青白い むくみ 食欲不振 寒がるといった症状のある虚弱体質の方

②元気が無く疲れやすいという方

③肌や毛髪に艶がない 白髪などでお悩みの方 また そうならないための美容食として。

 

 

【白髪】白髪を改善する薬膳料理 いんげんとくるみのペースト

■薬味薬性

インゲン豆の味は寒微温で脾臓 胃腸經に入る。

黒ごまの味は寒微温で肝臓 腎臓經に入る。

くるみは甘平で胃腸 肺臓經に入る。

■効能

いんげん豆は胃腸の働きを助け 

消化吸収を促進する。

 黒ごまはリノール酸などが豊富で、

体に栄養を補給する。

また 

腸を潤して 便通を良くする作用もある 

クルミは呼吸器系の機能を高め

 咳や喘息を鎮めるのに効果的である

従って 

全体としては 消化器系 呼吸器系の働きを

活発にして全身を滋養するという 

意味でお年寄りや体の弱い方に最適の一品と言える

 

◇このような方にお勧めします。

①消化不良 下痢などでお悩みの方

②便秘症の方

③年齢の割に白髪の多い方

④中高年の方は虚弱体質の方の滋養食として。

【肌荒れ・髪を黒く艶やかに】くるみがゆ 肌荒れ、髪も黒くつややかに薬膳料理

■効能

肺臓及び腎臓の機能を活発にすることで 

体内の水分代謝を促進するとともに 

呼吸器系疾患

を改善する働きがある。 

また 特に女性の方には 

肌をみずみずしく 艶やかに 

髪を黒くするといった効果も期待できる

 

◇このような方にお勧めします。

①排尿を促すので 

尿路結石などの治療によい 

(むきくるみは100gまで量を増やしてよい)

②慢性的なせき 

喘息でお悩みの方 

特にそういった症状のあるお年寄り

③閉塞性及び老年性肺気腫の治療補助に

④髪や肌に潤いを与える為に 

また 筋骨をたくましくするために。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.