ブログ

ブログ一覧へ戻る

 本草綱目北京語古文体翻訳 蒼朮③

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方藥局

 

9.芳香化湿薬  

33.二人の女僧蒼朮

昔、茅山(ぼうざん)の観音庵というお寺に、

一人の年老いた女僧がいた。

彼女は優れた医術を持ち、

薬草に対しても多くの知識を持っていたので、

町の人達は病にかかると観音庵を訪れていた。

その女僧は患者を治療するだけで、

薬草の採集や煮炊きの仕事は若い女僧にさせていた。

若い女僧は年寄りの女僧の命じる通り

山や野原に行って薬草を採集するだけで、

それがどんな薬か、

またはどんな病に使うのかは知らずに黙々と働いた。

年よりの女僧は、物欲が強く、

治療代を沢山出す患者には良い薬を与え、

お礼を充分に出せない貧乏な患者には

効力もない薬草を与えていた。

若い女僧は、年寄りの女僧のやり方に

不満を抱いていたが、

自分は薬草に対する知識がなかったので、

何とも口だしをする事が出来なかった。

 

ある日の事、

一人の貧乏な患者が薬を貰うため訪れた。

彼は一文のお金も持っていなかった。

年よりの女僧は無一文の貧乏者だと

分かって何も聞かずに追い出した。

若い女僧は、その有様(ありさま)を見て心痛く思い、

白い花の薬草を一掴(ひとつか)み握って、

彼を追い駆けて行き、

「この薬草を煮炊いて食べなさい。」

と渡した。

彼は有り難いとお辞儀をして去って行った。

彼の姿が見えなくなった頃、

彼女はふと恐ろしくなった。

その人がどういう病気かも知らずに薬草を与えたので、

もし、病気が悪くなったらどうしようかと心配になった。

その事があってから、

何日か後に、ある人がお寺を訪れ、

年寄りの女僧に有り難いと、お礼を述べた。

「お蔭さまで私の父親の病気が治りました。」

年寄りの女僧は心中訝(いぶか)しく思った。

「おかしい、私は薬を与えなかった。

しかも腰の痛みを治す薬は持っていないのだ。」

年寄りの女僧は若い女僧を呼んだ。

「お前が薬を盗んでその人にやったんだろう、

本当の事を白状しろ。」

若い女僧は始めのうちは何の事か訳が分からなかったが、

後になって、

いつか貧乏な人に薬草を与えた事を思い出した。

白い花の薬草は蒼朮(そうじゅつ)であり、

年寄りの女僧が命じた薬草の中に混ざっていたのである。

年寄りの女僧は、

薬草の整理をする時に白い花の薬草はいつも捨てるのであった。

若い女僧はその薬草の効力を知るようになった。

この事以来、

年寄りの女僧が自分を憎んでいる気配を読み取った。

若い女僧はついにいたたまれず観音庵を去り俗世に戻った。

彼女は蒼朮を使って、

腰の痛みで行動が不自由な人達を治療してやった。

人々は蒼朮が膝の疾病や嘔吐、

腹下し等に効力をもたらす事を知るようになった。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.