ブログ

ブログ一覧へ戻る

週刊 東洋経済  クスリの大罪  

 

 

気がついたら “薬漬け”に精神医療の深すぎる闇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

此れまで 

向精神薬で病んだ方々が漢方薬で改善され

元気に社会復帰され 非常に喜んで頂いています。

 

自殺していたかもしれない

そのような方々です。

体は治癒能力があります。

その治癒力を漢方薬は手助けします。

 

向精神薬の依存症について 

この 週刊 東洋経済は取り上げています。

「あの時 しっかり 休暇を取っていれば、こんな事には」

ーーー

悔やんでも もう遅い  

失った時間や 被った経済損失は取り戻せない

医療機関での不適切な向精神薬処方によって、

患者達が人生を 棒に振る 悲劇が長年繰り返されてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

で始まる文章です。

是非  皆さまに読んで頂きたい 

週刊 東洋経済 2019年6月1日号です。

薬で人生を後悔しない為にも是非 読まれる事をお勧め致します。

 

 

 

関連ブログ

【不眠症】—–鶏肉の蓮子炒め—–蓮子鶏丁(レンズジーディン)

【記憶力低下】—–髪を黒くするくるみと黒ごまの飴—–烏髪糖蘸(ウファタンチャン)

【精神疲労】—–五目揚げ団子—–百果玫瑰球(パイゴーメイクイチュー)

【精神疲労】—–鶏肉のワンタンの茯苓煮—–(フーリンジーロウホントン)

【精神疲労】—–鶏肉の菊花炒め—–菊花炒鶏片(ジュホワチャオジーピエン)

体が改善される事でうつ病が治るなんてとても不思議な感じです。

鬱症状が完全に漢方薬で改善し毎日スポーツをしています。

東洋医学の現場からパニック症状 鬱症状は決して 脳の異常でな無いと考えます。

パニック症状 デパス マイスリー お酒 漢方薬で克服 感謝のお手紙です。

10年来のデパスが漢方薬で3分の1量に減り飲酒の依存も過食もタバコも無しです。

17年間パニック障害 漢方薬服用翌日から出勤しています。

パニック症候群、抗うつ薬や安定剤が漢方薬で不必要となりました。

受験勉強中、過呼吸・不安感・不眠・自信喪失・倦怠感・暗記力低下漢方薬で改善しました。

過呼吸 不安感 不眠が 暗記力低下 無表情 漢方薬で改善です。

春野菜を食べましょう.鬱やストレスまた肌を紫外線から守ります

統合失調症が漢方薬65日分で正常な体になりました。

間違った漢方情報(日経新聞)うつ病、不安障害、統合失調症には漢方薬は限界

欝の原因:気の不足から各臓器が機能低下したのです。

不眠 食欲不振が改善されレトルト食が手作り食になりました

10年間のうつ病薬が漢方薬服用2日目から吐き気消え快眠で離れられました

産後の鬱 体調不良が漢方薬で改善感謝のメールを頂きました

欝症;漢方薬で食欲旺盛で美味しい 眠れる頭が回り意味がつかめます

漢方薬で母の欝病が調子が良いです。

漢方薬で鬱症が正常になり 食欲増進 快眠 体が軽いです

向精神薬の副作用:遅発性形成斜形と統合失調症が漢方薬で改善です

うつ病と抗うつ薬(パキシル)自殺大国日本の元凶「病院で殺される長生きしたければ行ってはいけない」

間質性膀胱炎と欝症で漢方薬30日 浮腫み顔がお人形顔に変身です

統合失調症漢方薬で仕事復帰が間近な様です

統合失調症;健康な時と同じ様な行動が有り大変嬉しい御報告です

臓器に支配される異常な感情 怒る 笑う 憂う 悲しい 恐い

子供の頃からの向精神薬は社会復帰は難しいと感じています。

漢方薬の四物湯は鬱症の人に合う薬でしょうか?

鬱 ; 臓器の弱体化によって支配される感情があります

統合失調症・鬱病漢方薬で改善中です。

寄り目が漢方薬で消え  抗鬱薬や睡眠薬も 5か月前から中止です

向精神薬 睡眠導入剤等々が漢方薬で半減しています。

鬱の症状は胃腸 脾臓 肺臓 大腸 肝臓の弱体化を正常に戻す事で改善します。

うつ病患者さんが農作業で身体が復活する理由があります。

子供の鬱病は臓器の機能低下が原因と考えます。

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.