ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語古文体翻訳 茯苓 

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方藥局

 

10.利水滲湿薬 

36.成し遂げられない恋

茯苓(ぶくりょう)

昔、ある町に一人の官吏が住んでいたが、

彼には小玲(シャオリン)という名前の娘がいた。

また、

彼の家には下男を置いていたが

その名前は小伏(シャオプー)だった。

娘の小玲(シャオリン)は段々成長し年頃の乙女になった。

彼女は小伏(シャオプー)の温厚な人柄や

聡明で勤勉なところに心惹(ひ)かれるようになり、

ついには彼と愛し合う仲になって、

密(ひそ)かに会っては

お互い抱き合うほどに愛し合った。

小玲(シャオリン)の父である官吏は

彼等の恋愛感情を薄々気付いていたが、

しかし彼は、

「下男を婿に迎え入れる訳にはいかない。」と考えて、

仲人を通じて娘の小玲(シャオリン)を

ある金持ちの息子と結婚させようとした。

父親の計画を感じ取った小玲(シャオリン)は、

小伏(シャオプー)に会って相談した。

「どうしたらいいのかしら、

父は私を他の人と結婚させようとするのです。

私達が結婚できる方法は無いのでしょうか?

二人でどこかににげましょう。」

そこで、

二人は夜中に密(ひそ)かに家を抜け出だして、

あてもなく歩いているうちに、

ある小さな村落に着いた。

ところが、

飢えと寒さに耐えかねて小玲(シャオリン)は

風湿病(ふうしつびょう)に罹(かか)り、

床から起きる事が出来なくなった。

風湿病の原因は邪気である風と湿が体に侵入して

骨の節が痛む。

現在ではリュウマチ性関節炎と言われる病気である。

小伏(シャオプー)は昼夜を問わず彼女を看護した。

小伏(シャオプー)は小玲(シャオリン)の

病気を治す為に薬草と食料を得ようと、

弓を用意して山に登った。

突然、一匹の兎が走っていくのが見えたので、

急いで弓弦を引いた。

矢は兎の後足を射止めた。

兎は傷ついた足を引きずりながら逃げ出した。

小伏は兎を追って行ったが、

一株の松の陰の所で兎はどこに行ったのか見えなくなり、

松の木の根元で矢だけを見つけた。

「兎はどこに行ったのかいなくなって、

矢だけ残っているとはおかしいな。」

小伏が怪訝(けげん)におもいながら矢を取り上げると、

その跡に黒い丸い穴があった。

覗いて見ると、そこに白い芋のような物があった。

小伏はそれを掘り取って宿に帰った。

白い芋の様な物を炊いて二人で全部食べた。

翌日、小玲は体が前より軽くなったように思われた。

小玲は、

「私の体が少し良くなったようです。」

と言った。

翌日、

小伏は昨日行った所へまた出掛け、

その白い芋のような物を

もっと多く掘って来て小玲に続けて食べさせた。

小玲の体は段々良くなり、

遂に以前の様な健康な体になった。

この薬草は小伏と小玲が始めに発見したので、

世の中の人々は茯苓(ぶくりょう)と呼ぶ様になった。

茯苓は脾臓(ひぞう)を丈夫にし、

体の水分代謝をよくさせ、

精神を安静にさせるよい薬草で、

漢方では広く使われている。

茯苓は赤松や馬尾松等の根に寄生する菌糸体であり、

7月から9月にかけて採集される。

顔にできる雀斑(そばかす)を無くすには、

茯苓を粉にして蜂蜜と混ぜ、

雀斑にある部分に貼り付けて

寝れば取れると言われている。

健忘症にも良いし、

男性の夢精にも効果があり、

淋病にも効果がある。

また、

利尿作用と抗菌作用がある。

胸の動悸や不眠症にも効果がある。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.