ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳 茵蔯

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方薬局

10.利水滲湿薬

  1. 三月もぐさは藥四月もぐさは焚き物(茵蔯)

 

 

茵蔯(いんちん)Artemisia capillaris Thunberg

中国のある地方に、

顔色が生姜(しょうが)のように

黄色で目は落ち窪(くぼ)み、

げっそりと痩せ衰えた一人の患者がいた。

或る日、

その人は杖に頼り辛(かろ)うじて歩き、

名医  華佗(かだ)を訪れた。

“お医者様、私の病気を治して下さい。”

華佗は一目で黄疸(おうだん)に

罹(かか)ったと分かった。

“黄疸を治した医者は今迄一人もおりません。

私も手が付けられません。

“患者は名医の華佗まで治療する方法が無いとの話を聞いて、

がっかり重い足を引きずりながら帰って行った。

今は ただ死ぬのを待つ他に手立てが無かった。

幸いに患者は6カ月後まで生き延びた。

或る日、

華佗は道端で偶然、

黄疸(おうだん)を患っていた患者にばったり出会った。

その人は死んでいなかったばかりか、

反って顔色がとてもよくなっており、

病気が完全に治ったように見えた。

その人は 既に死んだと思っていた

華佗はびっくりして、

“貴方の病気をどこの医者が治療したのですか?

私に教えて下さい。

私はその人を訪ねて医術をもっと学ばなければなりません。”

 

“私は この前先生に診てもらった後は、

諦めてどこの医者にもいかなかったのです。”

華佗は信じられないという顔で またもや聞いた。

“それでは、どんな薬を飲んだのですか?
“薬も飲んだ事が無いんです。”

“本当に分からない事ですね。”

首を傾げながら華佗は思い耽(ふけ)った。

その時、その人は言った。

“早春の頃、

私の家には食料がなかったので、

山に行って草を取って食べて生き延びました。”

“ああ、わかった!その草のお陰だ!

草には薬の成分がある。

貴方は自分自身でも知らないうちに

病気が治療されたのです。

貴方が どんな草をどれ位食べたのか私に教えて下さい。”

 “私は草の名前は知らないのですが、

ほぼ一月位食べました。”

華佗は 彼が一体どういう草を食べたのか、

それが知りたくて 彼と一緒に山に登った。

山中迄登った時、

その人は近くの草を指さした。

“これはもぐさだ。

それではこのもぐさが 黄疸を治す草だと言うのか。

それなら 私がこの草を取って行き、試してみよう。”

華佗は 黄疸に罹った患者にこの草を食べさせた。

何回も食べたが治る気配が見えなかった。

華佗は、この前 山に一緒に登った黄疸病の患者が、

草を間違えて

自分に教えたのではないだろうかと疑って、

再び彼を訪れた。

“あなたが食べた草は間違いなくこの草ですか?”

“そうです。間違いありません。”

彼はハッキリ答えた。

華佗は暫く考え込んでいたが、再び聞いてみた。

“貴方は 何時頃この草を食べたのですか?”

“陰暦の三月頃です。”

“そうだ!

春の三月は萬物が生気を充分に満たす。

そうだ、三月に取ったもぐさに 効力が有る筈だ。”

翌年の春の三月、

華佗が もぐさを採集して

黄疸患者に服用させたところ、

今度は確かに効果が現れた。

患者は 段々状態が良くなった。

特異な事は、

春が過ぎてもぎ取ったもぐさは効果がない事だった。

華佗はもぐさの薬効を調べる為に

毎年 実験を行った。

毎月、別に採集したもぐさを、

根、幹、葉を区別して保管して置き、

患者に服用させてみた。

しばらくの後、

新しく芽吹いた葉と茎が

黄疸の治療の薬になるとの研究成果を得た。

華佗は世の人にこの区分を認識させるために

新芽の葉を茵蔯(いんちん)と名付ける事にした。

黄疸に効かなかった原因が

古いもぐさを使ったことにあるのが分かったので、

茵陳(古いことに因る)に

草の冠を加えて茵蔯と命名した。

華佗は次のような詩を詠んだ。

 

三月的蓬叫茵蔯

四月生的只是蓬

希望後人要牢記

三月的茵蔯能治病

四月的蓬只能當柴焼

 

【上記の文章の翻訳】

三月のもぐさは茵蔯と言う。

四月のもぐさはただのもぐさである。

後世の人達は必ず銘心(めいしん)するように望む。

三月の茵蔯は病気を治すが、

四月のもぐさはただの焚(た)き物に過ぎない。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.