ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 呉茱萸

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方薬局

 

11.温裏薬

41.呉萸による断交と国交(呉茱萸 )

呉茱萸Evodia officinalis DODE.

中国の春秋戦国時代の出来事である。

呉茱萸(ごしゅゆ)は痛症を止める良い薬で、

その当時には呉茱萸を呉萸と称した。

呉萸の産地は呉(ご)という国で、

今の江蘇省の南側、浙江省の北側に位置している。

呉国は楚国の辺境にある小国で、慣例により、

毎年大国の楚国に貢(みつ)ぎ物を送っていた。

ある年、呉国の貢物の中に呉萸が入っていた。

 

楚国王は思いもかけなかった呉萸を見て大いに怒った。

“小国の呉が敢(あ)えて自国の国名の入った薬剤を

貢ぎ物として捧げるとは、けしからん仕業だ!

これは楚を侮(あなど)っている証拠ではないか?

すぐに返せ!”

意外にも国王の怒りを見た呉の使臣は、

恐れて身の置き場が無かった。

この時、

王の侍医で朱の性を持つ人が王に進言(しんげん)した。

“呉萸は腹痛を治し、嘔吐を止め、腹下しにもよく効く良い薬です。

呉国王は大王の痼疾病を知っていてこの薬を貢ぎ物に入れたと思われます。

もし呉萸を受け付けなければ、

両国の関係が悪化するのではないかと思われます。”

“戯言(ざれごと)を言うな、私はこういう はしたない物は要らない!”

呉の使者は顔も上げられず呉国に帰ろうとした。

侍医は心中済まなく思い、密(ひそ)かに追いかけて

使者をいたわった。

“我が大王の失礼を許し、

呉萸を私にくれませんか?

それからお帰りになったら、呉王が誤解しないように

是非 説きほぐして下さい。

私は大王を説き伏せるようにします。” 

侍医は呉萸の効用を熟知していたので、呉の使臣

に頼んで貰って来た呉萸を自分の庭に植えた。

一方、

呉王は楚王の言動を伝え聞き、気分を悪くし、

“貢ぎ物を拒(こば)んだと言うのか?”

“左様(さよう)でございます。”

“我が国の誠意を無視した楚国とは国交を断絶する。”

 

ついに呉国と楚国は国交を断絶した。

そのまま何年か過ぎ去った。

朱侍医は呉萸を丹念に栽培し 

多くの収穫を得、薬剤に使った。

未熟な果実は陰地で乾かして貯蔵して使用した。

或る日、

楚王は痼疾病の腹痛が再発した。

酷い痛みで額から汗をダラダラ流しながら苦しんだ。

御医者達は色々な薬を処方して治療したが効果は見られなかった。

この時、

朱侍医が呉萸を煮炊いて楚王に送った。

楚王が薬を2.3回服用したところ腹痛はすっかり治った。

 “うーむ!お腹の具合がだいぶ軽くなった。

この薬は効果がある。一体何という薬か?”

“まず、逆上なさらないと約束して下さい。”

“うーん、話してごらん。”

“この薬は呉国の使臣が持って来た

貢ぎ物の中に入っていた呉萸であります。”

楚王は呉国の使臣に無礼な対応をした事を思い出し、

心深く後悔した。

すぐさま呉国に和解の使臣を送った。

一方では国内に呉萸の栽培を奨励した。

ある年の秋、

楚国では温疫(おんえき)が流行った。

温疫は流行性疾患で、

多くの国民が酷い下痢と嘔吐をした。

王は侍医に命令を下して国民を疾病から救うようにした。

侍医は呉萸を使って多くの国民を疾病から救い出した。

楚王は侍医の労苦をねぎらい、

“呉萸”の二字の間に侍医の性である朱を入れて、

呉茱萸と命名する事にした。

呉茱萸は植物で有るので世の人は

朱に草の冠を加えて呉茱萸と名付けた。

呉茱萸にはエボデン(Evoden)と

ルテカルピン(Rutaecarpine)等が含まれており、

駆虫作用、抗菌作用をし、中枢神経を刺激する興奮作用をし、

また 止痛作用もある。

呉茱萸は腹を温かくしてくれるので、

腹が冷え痛みがある場合にも効果があり、

また下痢をしている時も効果がある。歯痛にも効果がある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.