ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語古文体翻訳 烏薬

 

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方薬局

12.理気薬 2019年7月11日ブログ

43.雙女峰になった二人の仙女(烏薬)

烏藥Linderastrychnifolium(Sieb.etZucc.)

漢国の永平五年、今の嵊縣である浙江省の剡縣に、

名前が劉晨(りゅうしん)と阮肇(げんちょう)

という二人の青年が住んでいた。

彼等は村に流行(はや)っている心痛病を

治療する薬草を探すため、食料を用意して

遠い所の天台山(てんだいさん)に向かって

烏薬(うやく)を採集しに出掛けた。

心痛病とは心臓の部位に痛症がある病気である。

彼等は烏薬を探す為に天台山を

隈(くま)なく探したが無駄に終わった。

ある日、

彼等は烏薬が桃源洞窟の一帯にあると

いう噂を伝え聞いて、すぐにその洞窟に向かった。

彼等は用意してきた食料を食べ尽してしまったので、

洞窟を探す為に彷徨(さまよ)っているうち空腹になり、

座ったまま眠り込んでしまった。

どれ程の時が経ったのかも分からなかったが、

突然一片の赤い雲が近寄って来るのをみて正気づいた。

すると、

見る見るうちに赤い雲は見るからに

美味しそうな澤山の桃に変わっていった。

飢えていた二人は何も考えず、

夢中になって桃をむさぼり食った。

桃を食べてしばらくすると、

身体が軽くなり力が湧き出た。

彼等は歩き続けた。

山峰を越えて見下ろすと池が見えた。

池のほとりに二人の少女が見えた。

一人の少女は赤い着物を着ており、

もう一人の少女は緑の着物を着ていた。

二人の青年に向かって少女たちは微笑みながら

「劉晨さん!阮肇さん!」

二人の青年は非常に驚き、

しかも怪訝な思いがして少女等に聞いた。

「貴方達と私達とはお互いに見知らぬ仲であるのに、

どうして私達の名前を知っているのでしょうか?

もしや貴方達は仙女ではないでしょうか?」

二人の少女は笑いながら肯(うなず)き、

そして緑色の少女が話した。

「私の名前は碧桃で、

こちらは紅桃でございます。

私達の家は桃源洞窟にあります。

今日は貴方達を迎えにここで待っていたのです。」

劉晨と阮肇は二人の仙女に導かれて

桃源洞窟に入った後、

彼女等姉妹が天上で薬の管理を司る役目の仙女であり、

そして また 彼女等は命(めい)を受けて

仙薬を守っていることも分かった。

彼等はお互いに一目惚れをし、

各々(おのおの)の相手を選び夫婦になった。

瞬(またた)く間に半年が経ち、

冬も過ぎて春になった。

ある日、

劉晨は阮肇に心配そうな顔で話しかけた。

「我等が山に入って来てから半年も過ぎたのに、

烏薬はまだ手に入れていない。

どうしたら良いかね。」

「丁度、その時二人の仙女が

手に烏薬を持って入って来た。

私達が苦心惨憺(くしんさんたん)してこれを手に入れました。」

翌朝、

二人の仙女は劉晨と阮肇を

見送るために洞窟の外に出た。

劉晨と阮肇は自分達の妻になった仙女を

とても愛していたので、しばしの別れとはいえ、

涙がとめどもなく流れた。

「私達は今日ここを離れるが、必ずここに帰ります。

それからは別れることなく、

いつまでも一緒に暮らします。

それまで待っていて下さい。

「二人は別れを告げて故郷に帰ったが、

元の故郷とは変わっていて、

村人達は見知らぬ人ばかりだった。

二人は百歳位のその村の老人を訪ねていろいろ聞いてみた。

彼は、

「私が幼い時、村の年寄りに聞いた話ですが、

この村から二人の青年が薬を採集するために

天台山に行ったが、その後消息が絶えて、

今迄便りがないと聞きました。」

これを聞いて二人はびっくりした。

「私共がこの村を出て天台山に入ってから

半年しか経っていないのに、

この村では七回も世代替わりがしたとは、

一体どうしたことだろう。」

劉晨と阮肇は烏薬を花園に植えたところ、

一日で花が満開になった。

二人は烏薬を村で心臓が痛む病気の人達に分けてやり、

それを食べた村人達はすぐに痛みが止まり

元気を取り戻して健康になった。

三か月後、

劉晨と阮肇は再び桃源洞窟に帰って行った。

洞窟の入り口迄行ってみると岩壁には苔(こけ)が生え、

洞窟の門は閉ざされていて、

二人の仙女はどこにも見当たらなかった。

後になって、

彼等は近くに住む白髪の老婆から仙女達の事を聞いた。

「君達が出掛けた後、

二人の仙女は烏薬を君達に密(ひそ)かに

渡したのが知れて、天上の西王母の怒りに触れ、

桃源洞窟の隣の山峰になったのだよ。」

二人の青年が振り向いて山峰を仰ぎ見ると、

その形はまるで仙女のようにそっくり似ていた。

今でも浙江省の剡懸から

遠くに眺められる所に雙女峰が見える。

この話は後世まで伝えられる美談で、

今も烏薬を天台烏薬(てんだいうやく)と呼ぶ由来である。

烏薬は体の気の循環を助け、

寒さに強くさせ、

痛みを除き、消化が悪くて吐き気をもよおす時、

また、尿が頻繁な時にも効力がある。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.