ブログ

ブログ一覧へ戻る

海洋政策研究所 薬剤耐性菌問題と海洋 海にもいる薬剤耐性菌

薬剤耐性菌について深刻な記事です。

 : 彼らはどこから来て、どこへ行くのか?

[KEYWORDS]薬剤耐性菌/排水/海洋環境
愛媛大学沿岸環境科学研究センター教授◆鈴木 聡

海洋でも薬剤耐性遺伝子が検出される。
それらは、人獣臨床から流入したものや、

養殖場に残存するものである。

また、

海洋独特の耐性遺伝子の存在も疑われる知見が出て来た。
海洋は耐性遺伝子の巨大な保管庫になっている。
はたして、そのリスクはどの程度か?まだナゾは多い。

近年の薬剤耐性菌の脅威は、

世界を揺るがすほどに大きな問題となっている。

2015年のエルマウG7サミットでは、

首脳宣言に、G7諸国が協調して

耐性菌対策に取り組む方針が盛り込まれた。

さらに、WHOは、

「すべての国が、世界行動計画の採択から2年以内に、

各国の国家行動計画を策定し、行動すること」を決議し、

「ワンヘルスアプローチ」での、

人・動物・環境の分野横断研究へアクセルを踏みこんだ。

薬剤耐性菌は、

日本では院内感染で問題視されるが、

人の医療の2倍以上も抗菌薬を使う

畜産現場も耐性菌発生のホットスポットである。

抗菌薬と薬剤耐性菌は、

人獣医療現場から、下水処理場を経る過程で、

ある程度は分解されるものの、

多くは自然水圏へ放出される。

実際に、河川は言うに及ばず、

海洋ですら残留抗菌薬とともに、

細菌を耐性化させる遺伝子(薬剤耐性遺伝子)が

少なからず検出される。

日本では、2010年に、

水圏環境に広く常在するアシネトバクター菌に

よる日和見感染によって、

大学病院で9人が亡くなった例もある。

水圏環境の細菌が人間の環境へ侵入して

問題を起こす事例である。

河川や海洋などの世界中の広い水圏に、

さまざまな耐性遺伝子がすでにはびこっている実態を、

米国の研究者や筆者らが解明しつつある。

海洋政策研究所について

海洋政策研究所の前身にあたる

「海洋政策研究財団」は

「人類と海洋の共生」を目指して2000年から

海洋政策の研究、政策提言、

情報発信等を行うシンクタンク活動を開始し、

2007年の海洋基本法の制定に貢献しました。

その後も、

海洋ガバナンスに関する国際的な

会議や議論に積極的に参画するとともに、

海洋基本法が定めた12の基本的施策の具体化、

実施の推進のためにシンクタンク活動を展開してきました。

海洋政策研究所は、

その海洋政策研究財団の活動及び

それを支える人材と知見及びネットワークを継承し、

内外で海洋に関する研究・交流・情報発信の

活動を展開していく方針です

以上

海洋政策研究所の記事です。

【東洋医学の考え方】

気と血があれば人間は病気を防ぐ力があり

気と血が不足した体に病気が発生すると考えています。

東洋医学における病気の原因の考え方は

病気の発生する原因は

1.内因 

2.外因 

3.内因外因でもない生活習慣病

 

 

 

1.内因とは 七情の強い感情が体に悪影響を与える

 

怒り過ぎると → 肝臓を傷つける 

喜び過ぎると → 心臓を傷つける      

憂い過ぎると → 胃腸を傷つける       

悲しみ過ぎると→肺臓を傷つける        

恐れすぎると→腎臓を傷つける       

 

逆も言えます 肝臓が傷つくと→異常に怒る

       心臓を傷つくと→へらへら異常に笑う

       胃腸が傷つくと→異常に憂鬱になる

       肺臓が傷つくと→異常に悲しむ

       腎臓が傷つくと→異常の恐れる

 

2.外因とは六邪

風→ 風邪にあたりすぎると 肝臓を傷つける

寒→寒さにあたりすぎると 腎臓を傷つける

暑→暑さにあたりすぎると 心臓を傷つける

湿→湿にあたりすぎると  胃腸を傷つける

燥→乾燥しすぎると    肺臓を傷つける

火→高温の所に行き過ぎると

心臓を中心に肺臓肝臓 腎臓 胃腸五臓六腑を傷つける

 

3.食生活の不摂生

過度な労働 

過度な性行為

大きなけがや火傷 事故など

が体を壊す 原因と考えています。

 

 

 

人間には治癒力が有り 

体内の毒素は自ら排出する力がある

それが気の力です。

 

 

薬剤耐性菌これは化学物質です

肝臓は体に異物が入りますと 分解して排出しようとします

その為 化学物質でできた 西洋薬の薬は

効果はあると同時に肝臓や腎臓を叩く事

 疲弊させる事になります。

気が有りますと 

人間の臓器それぞれに活力を与え

毒素を排出する力を与えます。

 

現在 化学物質過敏症等々で 

消臭剤 中性洗剤 洗濯洗剤 

洗濯の柔軟剤 香水 タバコ ゴムインク シンナー  

シャンプー 殺虫剤 防虫剤 受動喫煙のタバコ

食べ物の添加剤 化学調味料 化学染料 都市ガス

等々に反応して健康な生活が困難となっておられる方々

当局にお電話を下さいます。

順調に 皆さん漢方薬で回復されています。

漢方薬はその方の治癒力を助けるお手伝いです。

 

薬剤耐性菌等々で体が不具合になられる方々は

自己の免疫力低下 毒素を排出する力が落ちていると考えます。

 

 

 

体内に有る毒素は 大便や尿や汗から

皮膚に有る毒素は皮膚から

毒素のある場所によって

人間にある 9つの穴

(耳に2つ 目に2つ 鼻に2つ 口  肛門 尿道 

女性は男性に比べ 膣の穴が一つよけいにあります。)

から毒素を排出していきます。

人間の体は どのような順序方法で病を治していくのか

観察していますと それぞれの病により 排出の仕方があり

日々感動させられています。

 

漢方薬は人類の難病を救うと木室ミヱ子は

考えています。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.