ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目  北京語の古文体翻訳 山査子

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方薬局

 

 

13.消食薬

44.継母の凶計(山査子)

山楂CrataeguspinnatifidaBungevar.typicaSchneider

 

昔、ある村に夫婦と二人の息子が住んでいた。

家長である夫は、農夫の仕事をしながら、

暇な合間(あいま)に行商に出かけるのだった。

二人の息子のうち、長男は先妻の子で、

次男は今の妻の子である。

婦人は自分が生んだ次男だけを非常に可愛がり、

将来、畑や家具等の財産を自分の子供に

譲ろうとしたので長男をいつも憎んでいた。

ある日、

夫はいつもの通り行商に出かける支度(したく)を

しながら長男に言い聞かせた。

「お前は父さんの留守中に母親の

言いつけを良く守らねばならない。」

言い残して父は出かけた。

婦人は夫が家を出るとすぐ長男をこき使った。

「父さんが留守の間はそれだけ手が

足りないからお前がもっと精を出して働かないといけない。

年は幼いが、畑に出て作物を守る事はできるはずだ。」

そこで、

その日から畑に出て、

山荒らしの動物等から被害を受けないため、

雨の日も日照りの時も欠かさず畑を守った。

継母(ままはは)は生米混じりの

煮足りないご飯の弁当を毎日持たせて長男を送った。

まだ幼い子供である長男は、

煮足りないご飯を食べているので、

胃腸を悪くして段々痩せていった。

「お母さん、ご飯があまりに固くて

食べた後は腹が痛くなるんです。」

「何?お前はこの母がせっかく作った弁当が

食べにくいと言うの?

それなら食べるか食べないか、

お前の勝ってにしなさい。」

 

母から酷く叱られ、言い返す言葉もなく、

ただ山に行って泣くより仕方が無かった。

ところが、

山には野生の山査子(山査子)が生えていた。

山査の実は赤い色を帯びていた。

ご飯を食べた後、

腹が痛い時には山に登って山査の実を食べると、

不思議にも腹の痛みが消え、

咽喉も渇かなかった。

それからは毎日山に登って山査の実を食べたが、

腹の具合も良くなり、消化も良くなった。

一方、悪い企(たくら)みを持っていた継母はびっくりした。

「これはおかしい。

段々痩せていく筈の長男が帰って肉太りの

丈夫な体になるとは!?

ひょっとしたら、

この子は天地神明の加護を受けているのかもしれない。」

この事があってからは、

継母は自分が長男を虐待(ぎゃくたい)したことに

内心恐れを感じるようになった。

しばらくして夫が家に帰って来た。

長男は父親の留守中に起こった出来事を詳しく父親に

告げた。父親は商人で頭の回転が速い人であった。

山査の実を食べて体が丈夫になった長男の話を聞いて、

早速、

山に行って山査を採り集めて丸薬を作り、

胃腸病の妙薬として売り始めた。

後に世の人々は、

山査が消化機能を促進させ、

消化力を強化する効能が有るのを知る様になった。

山査子は、血圧を下げる効能があるので

高血圧患者に処方され、

痢疾菌(りしつきん)を抑制するので

泄瀉(せしゃ腹下し)にも効力があり、

腰痛を治す効力もある。

また、

コレステロール(cholesterol)と

脂肪トライグリセライド(triglyceride)を

除去するのでコレステロー(cholesterol)

が多い人にも有効である。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.