ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 神麯

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

13.消食薬 2019年7月23日ブログ

45.卵泥棒(神曲)

神曲TriticumaestivumL.

 

漢薬材の中に神曲(しんきょく)という薬材があるが、

これは通常、建曲(けんきょく)と知られており、

范志(はんし)という人が初めて作ったという。

范志は中国の福建の人で、

彼の祖先は泉州に住んでいた。

彼の家では十羽余りの鶏を飼い、日に7,8個の卵を得ていた。

ある日の事、

その日も いつもの通り鶏の鳴き声を聞き、

鶏が卵を産んだと思い鶏小屋に行ってみたが、

卵は見つからなかった。

「誰かが、卵を盗んだのだな!」

范志は誰かが卵を盗んだのだと思った。

翌朝、彼が鶏小屋に行ってみると、

大きな大蛇が一匹待ち構えていた。

卵を産みだされるのを見て蛇が鶏に近寄ると、

鶏は驚いて逃げてしまった。

蛇はすぐ卵を飲み込み、

その後、蛇は岩間の穴に入り込み、

しばらくして出て来たのを見ると、

卵のため膨(ふく)れていた蛇の腹は

中の卵が壊れて消化されたようで、

悠々と森の中に消えて行ったのであった。

卵を盗まれて怒った范志は、

何か蛇を困らせる良い方法はないかと考えた。

「そうだ!良い方法がある」

彼は木切れで卵形の物を作り、

鶏小屋の巣の中に入れて置いた。

翌日の朝、

彼は鶏小屋に近づき、蛇が来るのを待ち伏せた。

待つ間もなく大蛇が現れ、

すぐに卵を飲み込んだ。

それは木で作った例の卵であった。

蛇は卵を壊す為岩の穴を出入りしたが、

腹の中の卵が壊れずそのままなのに驚いた。

蛇は慌てて穴から這い出ると、

急いで森に向かって這って行った。

この様子を一部始終見守っていた范志は、

蛇の後を追って行った。

蛇は大きな岩陰に生えている青い草を取って食べては、

近くに流れている渓谷の水を飲み、

咽喉に引っ掛かっていた木の卵を消化させて

どこかへ消え去った。

范志は驚いた。

その青い草がどうして木の卵まで消化できるのだろう。

「その草が強力な消化力を持っているんだな。」

そこで范志は、

蛇が食べたその草を刈り取り家に持ち帰った。

その草の性質が猛烈だったので、

小麦、青蒿(せいこう)杏仁(あんにん)等を

混ぜてそれを粉にし、

四角形に乾かして今の様な神曲を得るようになった。

最初は、世の中の人々がこれをそれ程、

使おうとしなかったが、

後に、まるで神様が作った物の様に思われる程

その効力が優れているのが広く知られ、

今日に至った。

「この薬は本当に霊妙(れいみょう)だ。」

と人々は感嘆した。

范志の死後、

その秘方は彼の妻である吳氏によって伝えられ、

その後、

各地に広く知れ渡り、今日まで世の中に伝えられた。

神曲は漢薬材で、

小麦、杏仁、赤小豆、青蒿、蒼耳(そうじ)の粉と、

辣韭(らっきょう)の自然汁を混ぜて発酵させた物で、

強力な消化力を持っている。

建曲は神曲に紫蘇(しそ)、荊芥(けいがい)、

防風(ぼうふう)、羌活(きょうかつ)、厚朴(こうぼく)、

白朮(びゃくじゅつ)、木香(もっこう)、

枳実(きじつ)、青皮(せいひ)等の薬材を加味した物で、

別名、范志曲(はんしきょく)とも言う。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.