ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 白及( ビャッキュウ)

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

14.止血薬 

48.皇帝の近衛大将(白及)

白及 Bletillahyacinthine

昔、

一人の将軍が官職を捨てて故郷の田舎に帰り、

草野にうもれて静かに暮らしていた。

それなのに皇帝は命令を出して、

将軍を皇帝自身の護衛する近衛(このえ)大将に任命し、

即時上京する事を命じた。

主命をうけて上京の途中、

近隣の西戎(せいじゅう)族の将軍十数名と

戦闘を交わし彼等を退(しりぞ)けた。

山海關近くを過ぎ去る時、突然喚声が起き、

10名の西戎族の将軍に包囲された。

「この野郎!貴様は我々の兄弟達を殺した。

生きて帰すわけにはいかない。覚悟しろ!」

彼等は叫びながら迫って来た。

「こら!すぐ消え失せろ。俺は皇帝の命を受けて行く身だ。」

将軍は西戎族の将軍達と入り交じって戦い始めた。

しかし、将軍は遠い道のりの途中で、

西戎族の将軍達と既に交戦して疲れが重なった上に、

またもや、

10名の西戎将軍達と戦う事になったので、力が尽きた。

それでも、

彼は獅子奮迅(ししふんじん)して敵を退けようとしたが、

多勢に無勢で四か所も刃に刺され、

一か所は矢に射抜かれた。

それでも彼は毅然(きぜん)と馬の上に直座し、

馬を促(うなが)して皇帝の前に現れた。

皇帝は彼を見て感動し、

即座に医者を呼び寄せるように命じた。

「何をまごまごしているか?

早く太医を呼んで将軍の傷を応急処置するようにせよ!」

そこで、

太医が駆けつけて応急治療をして血が止まり、

切り裂けた筋肉や骨は接合させたが、

矢に射抜かれた肺のせいで息遣いが荒く、

血を吐く危険な状態だった。

皇帝は差し迫って、

全国に名医を求めるとの榜文(公示文)を掲げた。

その日のうちに、

一人の農民が幾らかの薬草を持って来た。

その葉は丁度、棕櫚葉(しゅろよう)のようで、

根は菱角(りょうかく)のようであった。

その農民は皇帝に献上しながら申し立てた。

「この薬草を火に炙(あぶ)って粉にし、

半分は水で飲み、

後の半分は傷口にあてれば間もなく治ります。」

その通り、

将軍はその薬を服用して間もなく傷が治った。

皇帝は農民をとても関心に思い、

報いるためにその年をとった農民に

官職を与えようとしたが、彼は固辞した。

皇帝はその代わり銀で報いようとしたが、

それも断られた。

「それでは、そなたは何を願うのか?」

農民は恐縮しながら、

「小生は何物も願いません。

この年寄りの願いは、

ただ、皇帝陛下がこの薬草を太医院の薬書

(薬草を記録する書物)に編集して、

天下(全国)に公布して、もっと多くの人達が、

肺が傷つき血が流れるのを治療するようにして下されば、

これ以上のお願いはないのです。」

皇帝は年老いた農民の真心に感動して肯いた。

「殊勝(しゅしょう)な志(こころざし)だ。

だが、その薬草の名前は何というのか?」

「まだ、名前がありません。

陛下が名付けて下されば良いかと思います。」

皇帝はしばらく考えた後、

「そなたの名前は何と言うのか?」

「小生の名前は白及(びゃっきゅう)と申します。」

「この薬草の名前を白及と名付ける事に決める。」

それ以来、この薬草は白及と呼ばれるようになった。

白及は、喀血(かっけつ)、吐血、及び

外傷出血に使われ、止血、浮気症(腫れ症)を引き下げ、

新しい肉がつくようにする。

白及は蘭科(らんか)に属する多年生の草木で、

肺結核の喀血や胃潰瘍(いかいよう)にも使われ、

外用としては、悪性腫瘍や熱湯火傷には

粉末にして傷口に振りまき、布きれで覆っておけば効果がある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.