ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 三七人参

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

14.止血薬

49.少女と猿

三七 [Panaxnotoginsengs](Burk)F.H.Chen

昔、薬草を採集する一人の老人が

天目山に登って薬草を探し歩いていたところ、

一人の少女が背中に一束の薬草を背負い、

牛を追いながら山を下りて行くのが見えた。

「おい、お前の背中に背負っている薬草は

何に使うつもりかね?」

少女は答えた。

「この薬草はとても貴重な草であります。

この草は骨が折れた時に使う薬草です。

私の妹が手首が折れて困った時、

この草を蒸して傷口にあてて布きれで包んだところ、

まもなくして治ったのです。」

老人はその話を聞いて興味を持ち、またもや聞いた。

「お前の名前は何かね?その草はどこで採ったの?」

少女は背中の荷物を降ろし、薬草を見つけるまでの経緯

(いきさつ)を聞かせてくれた。

「私は三月七日に生まれたので

三(さん)七(しち)と呼ばれているのです。

家が貧しかったので、牛の世話をしながら、

とうもろこしを耕していました。

ある年の秋、

私は一群れの猿を見つけました。

その猿達は二株の大きな柳の中間の幹を

手で掴(つか)み、ぶらんこ遊びをしていました。

その時、

私のとうもろこし畑は酷く荒らされていました。

おおかたこの猿達の仕業と思われました。

私は猿達を憎むようになりました。

そこで私は、

猿達が戯(たわむ)れていた柳の幹を斧で切り落としました。

猿達が柳の幹が折れているのを見て

他の所に移って行くだろうと思っていました。」

老人は少女の話が段々、面白くなって、

膝を進めて近寄り、少女の話に耳を傾けた、

少女は話を続けた。

「ところが、数日過ぎた後に見ると、

猿達はまたもや前と同じく柳の幹に

乗ってぶらんこ遊びをしていました。

私は訝(いぶか)しく思いました。

私がこの前、幹を斧で切っておいたのに、

どうしてぶらんこ遊びができるのだろうと思って、

今度も幹を皆切っておき、

岩陰に隠れて様子を伺い(うかが)いました。

猿達は人気(ひとけ)が無いと知るや、

また集まり、

群れの中で随分年を取った一匹が辺りを見回した後、

大人の背ほどの薬草を掘って来ました。

褐色と黒色を帯びたその薬草を

猿は口で嚙潰(かみつぶ)し、

汁を出して柳の幹が折れた所に塗るのでした。

幹は元通り接(つ)ぎ合され、

他の小さな一匹の猿は,

手の掌(ひら)ほどの広さのより

広い木の葉を持って来て、

幹の接ぎ合わせた所を包み、縛るのでした。

あたかも包帯を巻いた恰好(かっこう)でした。

その後、

猿達が他の食物を探すために、

そこから遠のいて行くのを待って、

私は猿が接ぎ合わせた幹を両手で引っ張ってみました。

ところが意外にも堅く接がれていました。

切り落とされる前と変わらなかったのでした。

私は地面に落ちていたその草の実を拾いました。」

「猿に教えてもらったわけだな。」

「はい、そうです!

私はこの薬草で折れた木の枝が接ぎあわされるのを見て、

人間の体の骨が折れたのも接ぎ合わせてくれると思い、

その薬草をたっぷり掘って家に持ち帰りました。

その時、私の妹は手首の骨が折れて苦しんでいたのです。

その薬草の根を押し潰して傷口にあて、

布きれで縛っておくと、

まもなく妹の手首は次ぎ合わされたのです。」

聞き終わった老人は少女の背中を優しく叩きながら、

「少娘よ、お前がこんな貴重な薬草を発見したんだな!!

それを私に教えてくれて本当に有難い。」

老人はその薬草を持ち帰り、

繰り返しいろいろと試してみたが、

この薬草が骨折に驚く程の効果があることが分かった。

老人は三七という名前の少女が

この薬草を発見したのを記念するために、

この薬草の名前を「三七」と名付けた。

三七は、五加皮(ごかひ)科に属する薬草で、

8月上旬、

立秋の10日前後に採集したものを

「春三七」と言い、

冬の11月、種が成熟した後に採集したものを

「冬三七」という

三七はデンキシン(dencichine)という物質が含まれており

出血を止める止血作用があり、

於血(おけつ)をなくし痛症にも効力がある。

また、

血液中のコレステロール(Cholesterol)を下げる効果があり、

免疫機能を高める効果がある。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.