ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 三七人参

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

14.止血薬

50.三年から七年は育てねば

三七(さんしち)[Panaxnotoginsengs](Burk)F.H.Chen

昔、

ある村落にとても仲の良い二人の若者が住んでいた。

彼らは一生涯苦楽を共にする事を誓い合い、

義兄弟を結んだ。

それなのに,

ある日突然に義弟が病気に罹(かか)った。

病状は口から血を吐き、鼻血を流し、

大小便に血が混ざり出た。

二日後には顔色が黄色に変わり、血の気を失った。

義兄は裏庭に植えていた薬草を掘り、

煮炊いて弟に飲ませた。

繰り返し何回から飲ませたところ、

出血は止まり病気は完全に治った。

「私の病気はお兄様のお蔭で治りました。

兄様にどうやって報いたら良いかわかりません。

一体それは何という薬草ですか?」

「これは我が家の先祖代々伝わった秘方だよ。

出血を止まらせる良い薬草だ。」

そう言って弟を連れて裏庭に行った。

そこには葉が茂っている薬草がいっぱい育っていた。

薄い黄緑色の小さい花が咲いていた。

「血を止める他にどんな効果がありますか?」

と弟が聞くと、

「血の廻(めぐ)りを良くして於血を無くし、

また、腫れ症を静め、疼痛を治し、

打撲傷や擦過傷(さっかしょう)にも良く効くんだよ。」

兄の話を聞いた弟は、

自分にもこの薬草を持ちたがった。

「兄さん、もしかすると私の病気が

数年後に再発するかも知れないので、

私も薬草を持っていたいのです。

一株だけ私に下されば、私の家の庭に植えたいのです。」

「分かった。そこにある小さいのを一株掘って行け。

その代わり、誰かが盗んで行くかも知れないから、

決して他の人に話してはいけないよ。」

弟は薬草を貰って家に帰り、庭に植え、真心込めて育てた。

一年後には薬草は大きく育ち葉が茂った。

その時、

弟が住んでいた村の大金持ちの息子が病気にかかり、

血を吐き、下痢が止まらなかった。

そのため家中が大騒ぎで心配していた。

多くの医者を呼び寄せて、

いろいろな処方の薬を服用したが出血は止まらなかった。

金持ちは途方に暮れて

「水に溺れるものは藁(わら)をも掴(つか)む」

との心情で、会う人毎(ごと)に息子の事を訴えながら

「どなたでも私の息子の病気を治してくれれば、

銀50両とお米一石(ごく)をお礼として差し上げます。」

この噂を伝え聞いた弟は、

すぐさま裏庭に植えてあった薬草を掘り、

これを持って金持ちの家へ行った。

薬草を煮炊いて何度か患者に服用させた。

それなのにどうした事だろう?

金持ちの息子は煮炊いた薬を数日の間、

続けて飲んだが、何の効力もなく息を引きとってしまった。

そこで金持ちは大変に怒り、

弟を殺人罪で役所に訴えた。

役所に引かれていった弟は尋問(じんもん)を受けた。

「お前は誰から医術を学んだのか?

また、患者に与えた薬はどういう薬か?」

弟はとても怖かったので、

義兄から貰った薬草の事について詳しく説明した。

そこで取り調べの役人は兄を召喚(しょうかん)した。

「この薬は我が家門で代々伝えられる秘方です。

止血に特効がある薬草であります。」

弟は兄の話を聞いて、

「兄さん、嘘を言わないで下さい。

私は兄さんの話を本当だと思ったので

こんな羽目(はめ)になったのですよ。」

「俺がお前に嘘をつくはずがないよ。」

「それならその薬草は、何故効き目が無かったんですか?

それだけでなく人が死んだのですよ。」

「それはお前がその薬草を一年しか育てないで使ったからだよ。

その薬草は少なくても三年から七年は育てなければいけないんだよ。」

弟は賞金と穀物が欲しかったのだ。

今になって後悔しても取り返せない事になってしまった。

この薬草が、三年から七年までの年月育てて初めて効果がある事を覚えさせるために、名前を「三七(さんしち)」と名付けた。

三七は田七(でんしち)とも言う。

アラサポニン(Arasaponin)Aと

アラサポニンを含有しているため、

止血の効果があり、於血(おけつ)を除き、

吐血や咳をする時、歯茎の出血の時、

大小便に血が混じって出る時に効果がある。

まだ産後の眩暈(めまい)症、

外傷による出血等にも良く効く。

肝疾患に使う片仔丸(うんなんはくやく)も、

三七を主成分として作ったものである。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.