ブログ

ブログ一覧へ戻る

漢方薬について

本草綱目北京語の古文体翻訳 当帰

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

 

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

 

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

  1. 補血薬 82 膽力試し(當歸)

漢方薬材の中の当帰という薬材は、

婦人達には重要な薬材で、

貧血、腹痛、月経不順、

また更年期障害等に効力があるので、

当帰を主剤とする処方が多い。

当帰は補血の効力があって、

婦女子の子宮を強健にし、

新陳代謝を促し、内分泌を円滑にさせ、

循環系統を円満にする。

中國明朝(1368年)以前には、

当帰の名称に対して多くの逸話がある。

当帰は根の部分が薬材として使われ、

‘夫を慕う’と言う意味が含まれ、

夫が戦場に行けば当帰を懐に抱いて

無事帰還を祈願したと伝えられる。

昔、宕州(今の甘肅省)の宕昌市は、

白龍江の水流を

抱えていた為 多いに繁盛した。

南側には2.000m以上の高原地帯があって、

そこには原始林がぎっしり繁っていた。

山が高いので大山と呼ばれた。

その山には色々な植物や薬草が散らばり、

また猛獣や毒蛇がうようよしていた。

従って人影は絶えていた。

ある日、

山裾にある村で若者達が集まって雑談を交わしていたが、

誰かが自分達の胆力について話し始めた。

若者達は各々、

自分こそ肝っ玉が大きいと言い争うのだった。

若者達は自分が弱気な男に思われるのを

最大の恥辱だと思うのだった。

“おい皆よ!

それでは実際に誰の胆力が

一番強いか勝負をしてみようではないか?”

“うん、それが良かろう。”

“では、どんな方法で勝負を付けようか?”

 “うん、こうしよう!大山の奥深い所まで入って

3年後に帰って来る事にしよう。

これに成功した人が胆力が一番強い人として勝利者になるんだ。”

 “そうだ!! それが良かろう。”

こうして胆力試しの方法は決まったが、

さて誰が行くかと言う事は未だ決まらなかった。

若者達はお互いに顔を見回しながら口をつぐんだまま、

大山に出かけると申し出る者は居なかった。

“よーし、俺が行く。”

自信に満ちた声を聞くや、

皆その声の持ち主を振り返った。

その若者は王勇だった。

彼は結婚してまだ一年にもならない新婚だった。

また、性質も温厚な彼に、皆は口を揃えて叫んだ。

“いや!王勇はいけない。”

“王勇!!無茶な事を言うな。”

王勇が怖気づく事無く申し出たので、

皆は無謀だと思い、“よせ、王勇!

お前は年取った母を世話しなければならないのに、

三年という長い間留守をしてもいいと思うのか?

”“男の一言は千金よりも重し!!だ。

いっぺん言い出した事を覆(くつがえ)す事はできない。”

王勇は家に帰って母親と婦人に一部始終を話し、

自分の決心を打ち明けた。“いけませんよ、

貴方!無理な事ですよ!”

“息子よ、そこは猛獣や毒蛇が

群れ蠢(うご)めく危険な所で、

いつどこで死ぬか分からないんだよ。”

“いいえ!!

私は決して取り消す事ができないんです。

”彼は母親と婦人の引き止めにも関わらず、

自分の決心を変える事は出来ないと言い張りながら、

山に入って食べる食料、着物、刀、弓矢等を準備した。

そして 

母親に別れの挨拶をした。

“お母様、この親不孝な息子を許して下さい。

もし三年以内に帰らなかったら、

それ以上待たないで下さい。

”それから自分の妻に向かっては、

“お前!その時になっても 私の便りが無かったら、

お前は良い所に再婚しなさい。”

母親と妻は返事も出来ず溜息をつくのだった。

王勇が山に入ってからは 

彼の妻は毎日涙の日々を過ごした

。歳月は矢の如く過ぎ去り、いつの間にか

三年の歳月が流れた。

その間にも王勇の便りは絶えて、

王勇の妻は溜息の日々を送るうちに、遂に病に罹った。

精神的な不安感のあまり、飲み食いも思わしくなく、

夜は不眠に悩み、一種の‘気虚血虧(ききょちき)’

状態に陥り、月経も絶えた。この状態が半年も続いた。

三年半も息子が帰らないので、

姑は心を固めて嫁を呼び寄せ、口を開いた。

“嫁よ!お前の夫が山に入って 

もはや三年半が過ぎた。

猛獣や毒蛇に害を受けたかもしれない。

しかし何の便りもないので・・・。”

こういうのは嫁が再婚をしても

致し方がないという意味の言葉であった。

しかし、

嫁は夫が必ず帰って来ると

固く信じていたのでこれを拒んだ。

そのうちに嫁は体が段々丈夫になり、

姑の勧めもあって、遂に他の所へ再婚して行った。

運命の戯(たわむ)れか、

王勇の妻が再婚して間もなく、

ある日の夕暮れに死んだ筈の王勇が

母親と妻の名を呼びながら表門に入って来た。

王勇が部屋に入ると、

部屋の片隅にみすぼらしい姿で座っている母親を見つけた。

彼は力なく椅子に腰を下ろすと、

三年半の間、一途に恋い慕っていた妻の姿が

目に入らないので母親に聞いた。

“私の妻は何処にいるのですか?”

王勇の脳裏には数多くの想念が浮かび上がった。

短いと思えば短い三年半の間に、

十年余りも老けて見える母を見ると、

自分が家を出た後、家系が苦しく事欠けていたと感じた。

“息子よ、お前が出かけた後、

嫁は病気に罹り、今は再婚した。”

王勇は愛する妻が再婚したと聞いた途端、

全身が凍りつくようにぞっとした。

男は涙を見せてはいけないと思いながらも、

我(われ)知らず涙が流れ出た。

翌日、王勇は友達に頼んで愛する妻に

自分が帰って来た事を伝えた。

彼の妻は驚く一方、

自分が他人と再婚したのを悔やみ、

自責の念にかられた。

暫くして、

王勇の母親の取り持ちで二人は再び会うようになった。

“私は山の中で暮らしながらも

貴方だけを思い慕ったのです。

”婦人は黙りこくって涙を流すばかりで何とも言えなかった。

幾日か後に、前に病んだ病気が再発し、

苦しむようになった。

医者に診せたが彼も何とも手の出しようがなかった。

この便りは王勇の耳にまで届いた。

王勇は山の中から持ち帰った風呂敷包みから

薬草を取り出し、

友人の手を借りて他の人の妻になった彼女に送った。

彼女と再婚した男は、

性格が素直で心根の正しい人で、

理解心も多い中年の男性であった。

彼女とは年の差も多かった。

婦人が再婚前に病気を患って苦労した事を

王勇の母から伝え聞いた。

また、王勇夫婦がお互いに

とても愛し合っていた事を知っていた。

そこで彼は、婦人が王勇の元に帰って

一緒に暮らす事を許した。

婦人は王勇が送った薬を煮炊いて食べ、

間もなく身が軽くなり、遂に全快した。

婦人が全快するのを待っていた王勇は、

五色で飾った馬に乗り、

ラッパを吹きながら自分の妻を家に向かえ入れた。

上記の話しが宕州(とう)に伝わり、

当然家に帰るという意味と、

夫が当然帰るとの意味で、

この薬草の名称を‘当帰’と命名するようになった。

唐国の詩に“正當歸時又不歸”という句節があるが、

これは“当然帰る時になったのに

未だ帰らない”との意味である。

当帰はラテン生薬名で

Angelicae Gigantis Radix(KP)として、

血管拡張をして血圧を下げながら、

冠状動脈を拡張して血流量を増加させて

心臓と血管を拡張させる。

免疫機能を高め、抗菌、抗炎、造血作用をする。

月経不順を治療して、痛みを鎮め、滑腸作用があり、便秘に良い。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.