不眠

症状別一覧へ戻る

不眠

統合失調症漢方薬服用で寝て寝ても眠い 勢い有る下痢便が続きます

「統合失調症漢方薬服用で寝て寝ても眠い 勢い有る下痢便が続きます」について詳しくレポートしています。
当局での診断や処方により実際に症状が改善するまでの経過も詳しくご紹介しています。

 

【統合失調症の方からの質問です】

先生 漢方薬のんで 寝ても寝ても 眠いです。

昼間1日中寝て居るのに  夜もぐっすり眠れます

こんなに 寝ていいんでしょうか?

※木室ミヱ子

寝たいだけ 寝て下さい。

貴方が長年 浅い眠り 不眠を続けた為に

今 その不足した眠りを取り戻すように体が眠いのです

人間は体が治る時は眠らせて治します。

長年 20代の頃から 抗不安、睡眠薬を服用してきましたね

 長きにわたり 

浅い眠りで充分な睡眠が取れて いない 

だから 眠いのです

恐らくそのような状況は1ヵ月は続くと考えられます。

充分に睡眠が足りますと 

昼間の睡魔はピタッと治まります。

眠気が来るような漢方薬は一切使用していません。

 

【勢い良い 気持ちの良い下痢が続くのですが 良いのでしょうか】

※木室ミヱ子

貴方が長年便秘で 毒素を溜め込み

また 気が不足で毒素や湿を排出できない体でした。

 顔や舌をみても分かりますように パンパンに顔も浮腫んでいます

舌も膨らみ 体に余分な湿と毒素が有る為に

体が血や気が充足して元気になりますと

体は異物(化学物質)や毒素 や余分な湿は体外に排出使用とします

貴方の場合

大便から下痢状で出す事で 体の浮腫みを改善し

体内の毒素や化学物質を排出しているのです。

 

だから 下痢するたびに体が軽くなり 温かくなり

痒みや湿疹が消える

勢いよくでる大便は 気が充足して毒素や余分な湿を排出していると考えます

だから 貴方のお顔がどんどん 浮腫みがとれて 小さくなっています・

下剤は一切使用していません

気を与え毒素を排出する

漢方薬を使用しています。

 

【問診時の症状】

咳 血圧上昇 吐き気 めまい 心臓の動悸 拒食症 便秘 吐き気 

遅発性形成斜形(筋肉痛無し)

雨の日腫れる 咳→吐き気→心臓バクバク

→高血圧→恐怖心 両手両足しびれる 足裏ホテル

→歯槽膿漏→腰回り足・太ももしびれる 

半年前から黒い大便出る 

下痢と便秘(センナ剤で出す)

歪斜舌(20年前自転車で転倒時左おでこ強打 頭痛頭重記憶が消える)

のぼせる 耳鳴り(1日中ボワン)口渇

【現在(2019年6月27日の薬】
・ロナセン錠4㎎×2 (統合失調症)
→便秘、筋硬剛などの副作用あり
・ピペリデン1㎎』×2(抗パーキンソン薬 抗コリン)
→副作用として便秘、口渇、排尿困難あり
・オランザピン10㎎(統合失調症、双極性障害の躁鬱 抗コリン)
→めまい、ふらつき、頭痛、血圧上昇、

便秘など、加えてパーキンソンのような錐体外路症状の副作用がある。
・フルニトラゼパム2㎎(抗不安、睡眠薬)
・ブロチゾラム0.25㎎ (抗不安、睡眠薬)
・ロラゼパム0.5㎎×4(抗不安、睡眠薬)
・センノシド12㎎ (便秘薬)
→ビペリデンの便秘の副作用のため?

ドクダミ茶  
今心療内科を受診している 

 

 

 

症状別一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.