ブログ

ブログ一覧へ戻る

足のつり薬で70Kmのウオーキングができます。

 

 

9月20日(土)にご来局で、

息子様さんのために

肩こりの薬を買いに来られた

お父様から伺ったお話しです。

 

 

ウォーキングイベントで

長い距離を歩くことがあったそうですが、

当局の「足のつり」のお薬を飲まれると、

足の疲れがとれて 元気に歩けると仰っていました。

70km歩いても大丈夫だそうです。

「足のつり」改善の漢方薬を

いつもバッグに入れて持ち歩いているそうです。

 

スタッフ 竹下がお伺いしました。

 

※木室ミヱ子

70kmは凄いですね。

びっくりです。

ぎっくり腰は

筋肉の萎縮と 

筋の突っ張りからが原因と考えました。

為に

肺臓の熱を取って潤わせる 

造血して筋を潤わせる

肝臓の火を納めて 筋の突っ張り 張りを納める

そのような漢方薬材です。 

足のつりは強烈な痛みに襲われます。

足がつった事のない 

私は足のつりの痛みが

それほどまでに痛むとは思いも依りませんでした。

 

1日中 2~3週間も立ち仕事を続ける

主人が 

足のつりの強烈な痛みを見せてくれました。

筋肉は肝臓が支配します。

肝臓が火を持つを非常に怒ります。

 イライラ煩わしい感情に支配されます。

そういえば このところ

主人 イライラ 短期 すぐに怒る

そのような時は筋が突っ張る 張ります。

老木みたいに油がない 

強風でぼっきり 折れる老木状態です

柳の木のようにしなやかになれない

 

肺臓が熱や火を持つと 

筋肉が萎縮します。

肺臓が熱や火からくる咳があります。

熱や火を持つと肺臓が乾燥して咳をするのです。

そういえば 最近 やたらと 咳してる

 

作りました。

足つりの強力な漢方薬

飲んで則  服用した瞬間 

筋の緊張 萎縮 突っ張りがほぐれ

つりが止まります。

その後 5分  10分と 強烈な

痛みが消えて行くのです。

 

足のつりで夜が来るのが怖いと

言われていた方がおられました。

その方の言っている苦しさを

主人が見せてくれました。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.