ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語の古文体 胃腸薬 蒼朮 ③

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

 

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ 漢方藥局

 

9.芳香化湿薬  

32.不老長寿の生薬(蒼朮)

紀元200年の頃、漢の国の末頃の話である。

戦争が続けて起こり、

その上、百姓は天災地変で、

今の河南省(かなんしょう)の南陽市の周辺では、

飢え死にする人が毎日数百から数千にも及んだ。

生き残った人達も、

食料を求めて他の地方に移り彷徨(さまよ)った。

草原の草株、木の葉、

一つ残らず食い盡(つく)してしまい、

多くの人達はもっと奥地へ移って行った。

木の根や雑草は一時凌(いちじしの)ぎの

食料にはなるかもしれないが、

長い間食べていると、

しまいには栄養不足に陥(おちい)り命を失った。

ある日、

文という姓の女人が南陽の近辺に現れた。

彼女は食料が無くて山奥へ入り、

十数年をそこで送り、

故郷が恋しくて山から降りて来たのだった。

しかし、

余りにも変わった彼女の姿を見て、

故郷の人達は誰だか見分けがつかなかった。

「貴方はどこに住む誰ですか?」

「おや、私が誰だか分からないんですか?

私は前にこの村に住んでいた文ですよ。」

「えっ、こんなにも若くて美しくなったから、

見分けがつかなかったよ。」

彼女は十数年経ったのに、

かえって前より若く見えたし、

皮膚は少女の様に美しくなったので、

誰も彼女を見分けられなかったのである。

彼女の友人達は、皆老いたのに、

彼女だけは老けなかったのである

「どういうわけだろうか。」

人々は訝った(いぶか)った。

「私と一緒に山奥へ入って

雑草や木の根を食べているうちに、

多くの人達は死んでいった。

私はこう思うようになった。

こんな生活をしていたら、

いずれ私も飢え死ぬに決まっている。

そこで私はもっと深い山奥へ入った。

そこで私は一人の年老いた神仙に出会うようになった。」

彼女は目を丸くして自分の話に

耳を傾けている友人達に話し続けた。

「その神仙さんは、私の惨めな姿を見て、

貴方はこれから蒼朮を掘って

食べなさいと教えてくれた。

私はそれから 毎日蒼朮の根で腹を満たした。」

文氏女人は、

蒼朮を食べるようになってからは

全く飢えを覚える事もなく、段々元気になった。

文氏の噂が世の中に伝わってから、

南陽地方の蒼朮は神薬と伝えられた。

蒼朮に関するまた、別の話が伝えられている。

ある年、

南陽縣の城内に住む陳子皇という人の

奥様が病にかかった。

彼女は食欲が無く、顔色は黄色になり、

寝床から起き上がれなかった。

夫である陳子皇は心配の末、段々焦るようになった。

四方八方から多くの医者を招き、

治療したが効果が無かった。

ある日、

陳子皇は文女人の噂が頭に浮かび、

彼は半信半疑ながらも

水に溺れた者は藁(わら)をも掴(つか)む

という心持ちで、山に登って蒼朮を掘って来た。

これを煮炊いて食べさせ始めた。

数日経つと婦人は健康を取り戻し、

かえって病にかかる前よりも若く見える様になった。

南陽の城内に許の姓を使う文章家が住んでいた。

彼は、毎日詩を書き。読み、

文章を書く生活を長い間

続けているうちに運動不足になり、

少年の頃の体力が衰え、食欲も失うようになった。

医者に見せたところ、

「貴方の病気は飲癖という消化系統の病気です。」

鳩尾(みぞおち)がだぶつき、

食欲がなくなり、胃はいつも一杯溜った感覚になり、

酸っぱい水が吐き出る事もあった。

夏には体の片方には汗が流れ、

他方には汗が出ないのであった。

彼は若い頃、

幾らかの酒を飲んで寝てから病気になり、

医者から薬を貰って服用して効果があったので、

それ以来30余年の間薬を飲み続けた。

ある日、

医者は長安城に住む友人から蒼朮の噂を聞いた。

「飲癖には蒼朮がよく効くそうだ。」

医者は家に帰って蒼朮と大棗(たいそう)を

蜂蜜に混ぜて丸薬を作り、

1日に3回ずつ患者に与えたが、

三か月後には許氏の飲癖症が完全に治り、

南陽城で名高い詩人として世の中に知れるようになった。

蒼朮は内服するのみならず、

皮膚の湿疹(しっしん)にも

塗り薬として効果があり、

入浴の時、溶いて使えば皮膚に艶(つや)がでる。

古代には年中の無病を祈る行事の時、

最後の日に蒼朮を焼いて悪鬼(あっき)を

追い出す慣習(ならわし)もあった。

蒼朮は消化不良、嘔吐、腹下し、

感冒、発汗、夜盲症にも効果があり、

蒼朮ともぐさを炊いて

その匂いを嗅ぎ、

また、体を燻(いぶ)せば、

感冒を予防する効果があり、

気管支炎も治せる。

不良長寿を願うなら蒼朮を食べるべし、

との伝説も伝えられる。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.