ブログ

ブログ一覧へ戻る

ドクターTV 山口きらら 漢方薬は総合病院と言われるのは何故?

 

 

 

どのような点が総合病院でしょうか?

喘息 喘息は循環器科

鼻炎 花粉症 は耳鼻科

アトピー性皮膚炎は皮膚科

間質性肺炎は 呼吸器科

線維筋痛症 整形外科

クローン病 腸過敏性症候群は消化器内科

 

上記の症状がありますと

西洋医学では それぞれに

別れて 病院に通院されます

 

しかし 上記の症状

東洋医学から診ますと

全て 肺臓の火(熱 炎症)肺臓の乾燥

と胃腸の弱体化に起因します。

数か所の病院を通院せずとも

一種類の漢方薬のみで 

上記の併発した症状を立て直す事が出来ます。

 

 

西洋医学では 体に火という考え方がありません。

火で体が傷ついている場合   火の邪

風で身体が傷ついている場合  風の邪

寒さで傷ついている場合    寒の邪

暑さで傷ついている場合    暑の邪

湿が多すぎて傷ついている場合 湿の邪

乾燥で傷ついている場合    燥の邪

 

風 寒 暑 湿 燥 火 の邪を考えますが

西洋医学にはこの考えがありません。

ですから

日射病予防に水を摂りましょうと推奨するのです。

水毒 湿の邪という考えがありません。

 

肺に火が付きますと 

その肺臓の火は肝臓を攻撃します。

 

これを内蔵の継子(ままこ)いじめといいます。

肝臓は火を起こして各臓器に火を与える臓器

 

適度な火は気を製造し 身体に必要ですが

火が多すぎると

眠れない イライラおこる 頭がのぼせる

 首から上がホットフラッシュ

肝臓の数値が上昇する等々の症状が発生します。

 

胃腸が傷つくと先に肺臓が傷つく

このことも

醫方集解の本に記載しています。

 

何故 傷付くのでしょうか?

胃腸は 全ての臓器の総司令張

食物を消化 吸収して粘膜 皮膚 各臓器に

気 血 津液 精液を供給します。

 

胃腸は肺臓に気を与える臓器です。

肺臓は気を活力源として力を発揮します。

 

水を作って各臓器に供給するのが肺臓の役割です。

しかし 胃腸が肺臓に気を供給できなくなりますと

肺臓が水を作れなくなり 火を噴く

肺が炎症を起こす→ 間質性肺炎等々です。

 

肺臓に火が付くと 

筋肉が萎縮して縮むと言われます。

 

又 

肺臓が熱や火を持ちますと

肺臓は肝臓を攻撃して 肝臓に火をつける

肝臓に火が付くと 

血を蔵する事ができない。 (造血が出来ない )

筋肉が萎縮する原因のもう一つは

血が不足すると筋が萎縮すると言われています

肺臓の火と肝臓の火が原因で筋が萎縮する事になります。

 

筋肉が萎縮する 

病は

間質性肺炎 間質性膀胱炎 筋萎縮症 腺筋症

脊柱管狭窄症 ストレートネック 

ALS(筋委縮性側索硬化症等々です。

為に 同時に間質性膀胱炎と脊柱管狭窄症を併発したり

筋萎縮症とストレートネック 脊柱管狭窄症を合併するのは

 原因が同じ肺臓の火からくる病だからです。

 

肺臓の親に中る臓器は胃腸 脾臓です

肺臓の子に中る臓器は腎臓です

肺臓が継子いじめする臓器は肝臓です。

 

為に 肺臓 胃腸 肝臓はセットで機能低下し

病気を発症していきます。

 

漢方薬は親子関係を同時に考慮しながら

処方します。

各臓器にまたがった病気は

親子関係 臓器の相克(そうこく)関係

を考慮する事で 臓器にまたがった全ての

症状を改善する事が出来るのです。

 

沢山の病院を掛け持ちしていた事が

嘘の事の様に無くなるのも漢方薬の特徴です。

病院に行く必要が無くなるのです.

 

※木室ミヱ子

初来局の方に1時間時間を設けているのは

その方の全ての改善すべき症状

全ての機能低下した臓器 

それらを掴み

一種類 一包みの漢方薬で全ての症状を改善しようと

しているからです。

 胃腸科 消化器科 整形外科 耳鼻科

 泌尿器科 産婦人科 呼吸器科 心療内科

皮膚科 循環器科を

またがり 受診している方々

人間の身体は一つの小宇宙ととらえます。

 

全ての症状は関連性があり

一つの症状だけを取って治療しようとしても 

病は改善しません。

 

それぞれ 親子関係 

又 相克(助け合ったり 叩き合ったりする関係)

が有るためです。

 

例として

眼底出血を治療したい場合 

眼科を受診します。

しかし

目は眼球だけの問題ではありません

肝臓が3分の2 腎臓が3分の1司ると言います

何故でしょうか?

目は血を得て見る事が出来ると言います

 

血は肝臓と骨髄の2か所で蔵する

 作られると言います。

 

骨髄は腎臓が支配しています。

 

視力を回復させるには 

肝臓と腎臓を強化して血を蔵する事です。

 

充血は 肝臓が火を噴くと 興奮して

血管が盛り上がる程の充血となります。

眼底出血は 血管がもろくなり出血もします。

眼圧が上昇してもいます

 眼圧を下げるには胃腸の湿を取り除く

又 

水の関所をしている

肝臓と腎臓の機能をたて直す事で

目の眼圧は正常に戻ります。

 

糖尿病からくる症状は

糖尿病を改善する膵臓と腎臓を

強化する必要があります。

 

血管が切れる 充血というのは 

血管がもろく切れやすくなっているからです。

胃腸が弱体化しますと血管が切れやすくなります。

打ったつもりが無いのに 

足が打ち身のあざが出来やすい方

血管がもろくなっているのです。

此れは胃腸脾臓を強化する必要があります。

 

以上 眼底出血を改善するには

肝臓 腎臓 胃腸 脾臓を立て直す必要があります。

 

眼底出血しますと 眼科へと勧められます

しかし 

眼科だけではお手上げとなります。

 

眼球だけ治療しても 

眼底出血は治りません。

 

漢方薬は 全ての原因を掴み

全ての弱体化した 臓器の機能強化を図り

人間の治癒能力を引き出して

人間の身体が 病気を治す

そして

そのような症状が再発しないように

立て直す事が治療のゴール地点なのです。

受診していた 

全ての病院に通院する必要がなくなるのです。

 

結果

漢方は医療費に大きく 貢献できていると

思っています。

病院に行かなくなるのです。

患者さんは言われます

私は年間 60万円健康保険代を支払っています。

でも

病院をあちこち 通院して

治らないより 

漢方薬を服用して

健康で楽しく 食べ物が美味しく 

旅行ができて 仕事ができて 

幸せな人生ですと言われます

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.