ブログ

ブログ一覧へ戻る

明けましておめでとうございます。大島紬を夫婦で着ました。

 

 

昨年2019年5月7日に岡部ビル1階から8階に薬局を移設

今年 木室ミエコは 5月10日で 

65歳になります。

漢方薬を無理なく体が続けられる為の移設です

8階は1階の喧騒が嘘の様で落ち着く空間です

この場所で漢方薬を続けて参ります

いつでもお体の不調はご相談下さい

私はいつも8階にいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑8階から見たイチョウ並木の景色です

突き当りのビルは博多駅 KITTE(キッテ)ビルです・

博多駅から歩いて 7~10分の場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島紬(泥大島)を主人と二人 

今年のお正月は着ました。

主人が母の為に作った大島紬ですが

写真を撮ってくれたら着るとのお姑さんの言葉を

聞き入れなかった為

お姑さんは一度も 袖を通す事なく

亡くなりました。

何と言う親不孝でしょう。

母の代わりに 大島紬を私が着ています。

主人は 一人で大島紬を着ましたが

私は着付けが出来ませんので

自宅に着付けの先生に来て頂きました。

とても 着付けが上手な方です。

それでも 5000円着付け代と言われましたので

とんでもない 10000円お渡ししました。

歩きやすく

着物が全く シワになりませんでした。

着付けが丈夫な方は着物にシワがよりませんし

とても歩きやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

ホテルで

正月料理注文しました。

主人は3500円のコースでよいと言ったのですが

最後の晩餐になるかもしれないと

見栄を張って8000円コース料理を注文しました。

数の子や筍料理出ましたが

君の手作り料理の方が味付けに深いうまみがあり 

比較にならない程 美味しいとの事。

私も同感です。

ホテルの料理は 

普段はとっても美味しいのですが

お正月料理は

手抜きに感じられました。

お料理を頂く人に対して

愛情が感じられない味でした。

自宅で数の子料理をもう一度作ってほしいと 

リクエストされ作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真はいつでもあの世に行けるようにと

遺影用に撮りましたが

なかなか あの世は遠いようです。

本人曰く、

写真の出来が悪い。

お風呂の中の鏡で見ると若いのに

写真では老けて見えるとの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回 写しても同じです。

お爺ちゃん顔ですね。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.