ブログ

漢方薬について

妊娠できない体には女性 男性 それぞれに原因があり取り組む事で妊娠に繋がります。 

西洋医学には 女性の体を養う 血や気を補う考え方が無い 東洋医学の考えは 「妊娠は血と気が充分に足りてこそ 自然妊娠する」 妊娠できない体→ 子宮筋腫 卵巣嚢腫 子宮心筋症等々の子宮や卵巣に異常があり  多量出血や生理痛 […]

 

癌の聖薬と言われる 金銀花 別名 忍冬 スイカズラのお話しです。本草綱目の翻訳です。

5~6月の季節は 金銀花が野山に咲き乱れる季節です。 別名 忍冬 スイカズラと呼ばれています。 ホワイトリカーに付け込んで 飲まれますと  癌や腫瘍やヘルペス等々 ニキビや湿疹ができない体質や肌となります、 この金銀花は […]

 

ライター養成講座 総合コース  木室ミエコに漢方取材です。

編集・ライター養成講座 総合コース 2017年夏卒業制作 林千尋さん の取材記事です。   自分で病気をはねのける! 注目すべき漢方の力   バランスを整えてあらゆる不調にアプローチする 自然治癒力を取り戻す […]

 

春は肝臓が傷つく季節です。 肝臓を守るために春野菜春の果物を取りましょう。

春の季節  春野菜を食べましょう。 春は木 草木が芽を出し、万物が生じる時期。 季節は春 対応する臓器は肝臓   五行相生説 木(肝臓)   母に当たる臓器;腎臓(水) 水は木を育てる。 子に当たる臓器;心臓( […]

 

木室ミヱ子は 本草綱目北京語の古文体を翻訳した本を出版致します。

その中の紫蘇葉についてのお話しです。 FMきらら放送原稿 2018年2月15日 昨日2018年2月15日 華陀の紫蘇のお話しを証明する出来事がありました  本日2018年2月16日 また 確認のお電話を12時50分に差し […]

 

本草綱目北京語の古文体の翻訳本を出版します。

韓国の(韓)建國大學校の全 炳台 教授と木室ミヱ子は 共同で漢方の本を出版致します 本草綱目の北京語の古文体を翻訳しました。 (韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授 (日)東北大學大學院 博士取得   Mieko Kim […]

 

昔 漢方医は味で漢方薬の効能効果を掴んでいました。

五感の発達 感受性 探求心 が必要ですね。 五味の作用 ■苦い味;熱を取り体を冷やす 消炎作用 熱による病気や症状を治す作用、体にとって毒である物を取り除く作用が有ります。   ■甘い味;滋養、強壮の効果があり […]

 

補気薬 薬屋の甘草  甘草の副作用  本草綱目 北京語の古文体翻訳です。

 甘草Glycyrrhiza uralensis Fischer 昔 ある村落に診脈と治療に優れた 年よりの医者が居たが、 その村には彼の他には医者がいなかったので、 村の患者は皆、彼の診察を受けた。 また  近隣の村に […]

 

9才で老年性加齢黄斑変性と東京大学病院で診断治療法なしでしたが 漢方薬で血管中の水が引き視力回復です。

FMきらら 放送原稿 2017年9月29日 患者様のお母さまから言われました 先生 東京大学病院の前に先生の(木室ミエコ)病院を作って 下さい 先生の病院絶対に流行る   目の中に再度 新生血管ができて  失明 […]

 

麻黄の使用方法を間違い 人を死亡させ 処方医師が刑罰を受けたお話しです。本草綱目北京語古文体を日本語に翻訳です。

韓国の建国大学の  全 炳台教授と木室ミエコ共同での 物語の本草綱目 北京語の子文体を直訳したものです。 近いうちに 生薬 117品目に渡る この本を出版致します 目次 1.辛温解表薬   浅はかな弟子(麻黄) &nbs […]

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.