ブログ

醫方集解/日本語版

脳卒中 東洋医学の診断法 醫方集解

    厚生省研究班の調査で 6月から8月が年間を通じて  脳卒中の大部分を占める急性期の脳梗塞の発症が 多いことが明らかになったそうです 脳梗塞は6月から8月から増加する 日本脳卒中協会は毎年5月2 […]

 

芎帰膠艾湯の効能効果:痔は間違いです。 

    漢方薬は 現在 多くの病院 医院で  マニュアル書を参考にして処方されています しかし  漢方薬は マニュアル書で薬を選ぶような簡単なものではありません  その処方の中にどのような薬剤 が含有 […]

 

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

下記の   「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀   清・清安汪訒庵編著」第一書店印行 (いほうしゅうかい )の言葉を翻訳します。     「外感之與内傷。寒病之與熱病。氣虚之與血虚。 如冰炭相反。 […]

 

醫方集解 癰瘍(腫瘍 癌)の剤  金銀花

  銀花は別名忍冬と呼びます 此れからの時期  5月中旬から 6月初旬にかけて 花が咲きます。 私のふるさと 宮崎県との県境でもあります 大分県佐伯市蒲江町に沢山の金銀花の花が自生し 幼い頃は学校の行き帰り時に […]

 

醫方集解 北京語の古文体翻訳  眼目の剤 

  眼の解釈です。(基本の考え方)   原文 目之在人。 特五官之一耳。 而古人立有専科。 蓋以餘竅各主一臓。・・・・・   目の人に在るは特に 五官の一耳(一に過ぎない)   古 […]

 

醫方集解 袪風の剤 北京語の古文体の翻訳です。

  漢方薬を 現在  勉強中の方々にお役に立てる事を希望します。   今回2019年1月28日に  脳幹出血の方が早期におしゃべりができる 手や足が動くというブログを掲載しました。 中風についてのお勉 […]

 

醫方集解 祛寒之剤 北京語の古文体翻訳します。

  このページは漢方を志す方の為に記載しました。 ※木室ミヱ子 下記が醫方集解 北京語の古文体です。 醫方集解は 漢方医になる為の必読書です。 台湾で出版されていますが  現在 台湾で漢方薬を専門に 学ぼうとし […]

 

醫方集解北京語の古文体日本語に翻訳  殺蟲之剤

醫方集解 殺蟲之剤 体内の虫 關尹子(かんいし)曰く 人の一身は 内(中)に害虫を包んでいる。 外は蟻とか虱(しらみ)に蒸されている。 萬物は人身(人の体)に依りて  以て生きていくものである。 此れ 吾が身は一つの小天 […]

 

醫方集解 癰瘍之剤(腫れもの癌)北京語の古文体を日本語に翻訳

よく言われる言葉に漢方薬には  癌に効く処方は無いと 医師の方々が言われる。 いいえ 醫方集解の中に癰瘍の剤として しっかり 癌という文字で処方が記載されています。 漢方薬は癌に効く処方は揃っています 此処に醫方集解 北 […]

 

醫方集解 北京語の古文体を日本語に翻訳 眼目の剤 解説 

  醫方集解 眼目の剤の解説を 北京語の古文体を翻訳しました。 内容(「BOOK」データベースより) 中国医学の直接の治療手段は、薬物ではなく、方剤である。 だから、方剤の聖典である「 医方集解」(汪〓庵168 […]

 

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.