ブログ

ブログ一覧へ戻る

間質性膀胱炎もシェーグレンも働きすぎが原因でした 難病でも漢方薬で治ると思いました。

★患者様から先ほど メールを頂きました。

—–Original Message—–

Sent: Wednesday, November 29, 2017 11:18 AM  Subject: R、Yです。

木室先生

さきほど注文の漢方薬その他届きました。

箱を開けてビックリ。

私の大好物の安寧芋が!

先生の優しいお心遣いに気持ちがホッコリしました。

早速焼き始めました。

 

ありがとうございました。

先生のおっしゃる通り私の忙し過ぎが

間質性肺炎とシェーグレンの原因であることは明らかなので、

家族、特に主人に気を使うことのないように自分の性格を変えてわがままになる努力をいたします。

 

昨夜テレビで77歳の男性の事をやっていました。

大学で建築を学び就職してしばらく経った頃にヴェーチェット病を発症、

毎週目に注射を打つも26歳で失明し

失業、台湾で漢方薬治療を始めて2年で視力が回復し今に至っているそうです。

病気の原因は仕事のし過ぎと台湾で言われたとのこと。

 

西洋医学では難病でもいい漢方薬で治る事と、

身体を酷使するのが病気のもととなる、

という二つを改めて教えられ、家族、友人に伝えていきたいと思った次第です。

家族

夫、長男嫁、長男の長女、次男嫁。

後輩。友人 とそのご家族。の事も

今後とも宜しくお願いいたします。

長男と次男はまたいずれお世話になると

思います。

お芋焼けました。いただきます。

 

横浜市  R.y

 

大変 嬉しい お便り ありがとうございます

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2017木室ミヱコAllright Reserved.