ブログ

ブログ一覧へ戻る

昔 漢方医は味で漢方薬の効能効果を掴んでいました。

五感の発達 感受性 探求心 が必要ですね。

五味の作用

■苦い味;熱を取り体を冷やす 消炎作用

熱による病気や症状を治す作用、体にとって毒である物を取り除く作用が有ります。

 

■甘い味;滋養、強壮の効果があります。

体の衰えを補い、リラックスさせ、他の食材の作用を中和します。

 甘味の食材には、じゃがいも、豆腐、うなぎ、蜂蜜

 

■酸味;身体を引きしめ、出過ぎる物を収め、

身体の中に溜まらせる効果があります。

例えば、寝汗、下痢、頻尿、早漏などに効果があります。

レモン、桃、トマト、ナシ

 

■鹹味:硬くなっている物を軟らかくして外に出す効果

(便通をよくしたり、しこりを治したりする)

ノリ、シジミ、コンブ、カニ

 

■辛い味 発汗させて熱を下げる

体を温め発汗させて 体温を下げる

 夏は食べたい 暑い国の人は良く食べる

又 湿が多い中国の四川省も体内の湿を排出するために辛い料理が食べたい

風邪の熱 ネギ 生姜

 

■淡味;利尿効果の作用をもつものが多い

トウガン、ハトムギ

 

■渋味;引き締める 出すぎるものを出渋らせる効果

カキ、ギンナン、パイナップル

 

一般的に、渋味や淡味は含まずに酸、苦い、甘い、辛、鹹のバランスで食材をえらびます。

 

【身土不二;】

体と気候風土は一体である

地産地消; 地元で採れた旬の恵を頂きましょう

 

【一物一体】

一つの物をできるだけ丸ごと食べる

 

生命体を形づくる成分(栄養素)は微妙なバランスで命を支えています

全体を頂く事でバランスのよい栄養摂取に繋がり有効です

 

 

【心身一如】

心と体は一体

心が健康でないと病気を起こす

怒る 喜ぶ 憂う・思う 悲しむ 驚く ・恐れるの

7つの異常な感情の高ぶりが病気をおこします

 

華佗や中国の昔の漢方医は

葉 茎 根 幹等を食べて味でこの食物はどの臓器に効くとか判断していた

辛い味 食べ過ぎ ;筋と爪が急になり枯れる

甘い味の 食べ好き;骨が痛んで髪が抜ける

苦い味の食べ過ぎ;肌がシワシワになり髪が抜ける

酸の味の 食べ過ぎ; タコ アカぎれ

塩の味の 食べ過ぎ;血が固まり 色が変色する

 

 

ブログ一覧へ戻る

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2018木室ミヱコAllright Reserved.