ブログ

ブログ一覧へ戻る

慢性症状について

花粉症の漢方薬は眠くなりません 逆に疲れ、倦怠感、食欲不振が解消します。

花粉症の薬

【花粉症の原因】 東洋医学からの考え方

花粉症は気の不足 で水分を十分に体外に排出できないが引き金となります。

同時に粘膜が乾燥して弱くなり ほこりや花粉に過敏に反応する状態となっています。

それは 胃腸が長期弱体化 消化吸収力が低下 血や気を粘膜に十分に供給できない

為に弱い粘膜になっているからです。

気を与えて余分な水分を体外に排出する。

気を与えて胃腸の消化力 消化吸収力を強化して粘膜を強くする

結果

鼻にたまった水が排出すれば 

水分で膨張の為膨らんだ鼻の血管での鼻づまり

湿が多くて水が鼻に貯留した為の 鼻水がなくなり

花粉症の鼻 症状が激減 改善するのです。

勿論 目の痒み 目の充血 等 粘膜が影響します。

急性疾患 花粉症は 胃腸を強化して粘膜を強化することで 目の痒み 充血が治まり 改善するのです

 

気を与えてる為 倦怠感や胃腸虚弱による食欲不振 消化力力低下 消化吸収力低下の症状までが改善します。

鼻炎に使用されているヒスタミンの様に 眠くなりません 逆に元氣になり 胃腸が正常化します。

まずは 3日分 9包  1944円でお試ししませんか?

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.