ブログ

ブログ一覧へ戻る

息食動想の再発見

※木室ミヱ子

此処で言う 

白血球とは漢方では気を表します

気は体の毒素や余分な水分や脂肪を排出します。

気は疲れすぎたり

ストレスで破壊されます。

また 体に毒素が有りますと

気は破壊されます

ゴミ運搬車での例えは 気を理解して頂くうえで

大変 分かりやすい言葉です※

 

 

息食動想とは

息=呼吸の仕方

食=飲食の仕方

動=運動の仕方

想=心の持ち方  です。

 

息食動想が密接に関り合いながら 

体の歪みや健康に影響を及ぼしている事に

ついて考えてみたい

 

まず

病気とは何か? 

一言で言えば

「異物を無害化する体の仕組みが

正常に機能していない状態」と言えるだろう

 

単純化して、異物を「ゴミ」

異物を無害化する体の仕組みを

「ゴミの回収車」に例えると

 

〇「ゴミ」とは? 

「体の中に多量に存在する健康を損ねる原因になるもの」

細菌やウイルスを始めとする環境中のいろいろな有害物質

自分自身の老化した細胞や変質した細胞

分解不十分なまま体内に取り込まれたタンパク質のかけら

過剰は栄養 など

 

〇「ゴミの回収車」とは? 

「白血病」(顆粒球+リンパ球+マクロファージ)

顆粒球は大きな異物

(細菌や死んだ自己細胞など)を食べて消化分解

 

リンパ球は抗体を作り、

小さい異物(ウイルスや異種タンパク質など)にくっついて処理

 

マクロファージは(単球)は食べて分解

  くっついて処理の両方の働きを持つ

 

 

 

ゴミ処理」が充分機能しない場合、どうなるか?

白血球が処理不十分なゴミを抱え込んだまま全身を巡り、ゴミを抵抗力の弱い所にばらまく→細胞内感染

異常細胞が生き残る→癌

病原微生物が生き残る→感染症

未消化のゴミを皮下組織に捨てる→皮膚の炎症→難治性の皮膚炎 粘膜の炎症 (喘息や鼻づまりも)

 

「ゴミ処理」が充分機能しない場合とは?

Ⅰ ゴミが多すぎて回収が間に合わない、或いは回収はしたが充分に処理できない

ゴミの進入路①=呼吸から(口呼吸)

ゴミの進入路⓶=腸から(冷たい物中毒)・動物性たんぱく質過剰摂取

ゴミの進入路③=体の中の慢性の病巣から(扁桃の炎症、歯周病、水虫など)

 

Ⅱ・ゴミ回収車が少ない、或いは故障車が多い

 睡眠不足→造血機能低下→正常な白血球が充分に作られない

Ⅲ道路が渋滞(血液ドロドロ)

交感神経緊張

冷え

過剰な栄養

Ⅳ・道幅が狭い(血管収縮)

交感神経緊張

冷え

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.